アルネ・ヤコブセンのドロップチェアに「ミナ ペルホネン」の生地を採用、7台限定で展示

写真拡大

 アルネ・ヤコブセン専門ショップ「ハウス オブ トビヤス ヤコブセン(HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN)」が、「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」の生地を採用した「ドロップ チェア(DROP CHAIR)」を10月8日から公開する。展示期間中は日本で唯一のデンマークロースターコーヒー「PNB coffee」によるポップアップショップが開催される。 【画像を拡大】

 7台限定で製作された特別仕様のドロップ チェアは、背もたれ側に「ミナ ペルホネン」のデザイン「angel」の刺繍を施したクヴァドラ(Kvadrat)社のファブリック「Tonus」を、摩擦がかかる座面側には「dop」を使用し、前後で張り分けたオリジナルデザインが特徴。「dop」で採用された7色は「ミナ ペルホネン」がセレクトし、使い込むうちに表面の糸が擦り減り裏面の糸が現れてくる様子を楽しめるという。初日17時からは「PNB coffee」のコーヒーとともに、デンマークの国民性やライフスタイルを語るトークイベントを行う。■HOUSE OF TOBIAS JACOBSEN住所:大阪府池田市城南3-6-16時間:11:00 〜 19:00定休日:毎週火曜日電話 / FAX:072-752-5577■PNB coffee Popup Shop会期:2016年10月8日(土)〜10月12日(水)日時:10月8日(土) 17時〜19時■トークイベント Denmark Coffee Culture x Lifestyle TALK参加費:1,000円(ドリップコーヒー1杯とテイクアウトカップ付)予約:‥稿へ電話(TEL:072-752-5577)   ▲瓠璽襦j-info@republicstore-keizo.com)   ※(1)名前 (2)メールアドレス (3)電話 (4)参加人数を明記