ポルトガルのスイーツといえば、日本でも人気のエッグタルト。

北から南まで、ポルトガルのどこに行っても食べられる最もポピュラーなお菓子です。

エッグタルトは、ポルトガルでは「パステル・デ・ナタ」と呼ばれます。ポルトガルで一番おいしい「パステル・デ・ナタ」が食べられると評判なのが、「パステイス・デ・ベレン」。

リスボンの世界遺産、ジェロニモス修道院のほど近くにある、1837年創業の老舗です。

ジェロニモス修道院から伝えられたという秘伝のレシピを守って作られるパステル・デ・ナタ(エッグタルト)はここだけの味わい。


店内のテーブル席でイートインができるほか、テイクアウトも利用可能です。観光客も地元の人もこぞって訪れる人気店のため、イートインにせよ、テイクアウトにせよ、ある程度待つ覚悟が必要。

とはいえ、テーブル数が多く、回転も速いので、イートインの場合、案外待ち時間は短くて済みます。


ポルトガル伝統の装飾タイル、アズレージョで彩られた店内は、情緒満点。老舗らしい雰囲気が感じられます。

ここに来るお客さんのほとんどが注文するのが、「パステル・デ・ベレン(エッグタルト)」。押しも押されもせぬ、「パステイス・デ・ベレン」の看板商品です。

外のパイ生地は驚くほどカリっとサクサク。400度という高温で短時間で焼き上げているため、これほどのパリパリ感が出るのだとか。そして中にはトロリとしたとろけるようなクリーム。ほどよい甘さでペロリと食べられてしまいます。

やはり「ポルトガルで一番おいしい」と言われるだけあって、他のお店のものとはクリームのまろやかさも生地のパリパリ感も一線を画しています。

まず最初に味見をしてみた後は、テーブルに置いてあるシナモンを振りかけてみましょう。エッグタルトにシナモン?と思うかもしれませんが、これが意外に合うんです。


シナモンを振りかけると、シナモンのスパイシーな香りとほろ苦さがアクセントになって、クリームの甘みとベストマッチ。「パステル・デ・ベレン」の味わいにさらに奥行きが出ます。

門外不出のレシピで作られる「パステル・デ・ベレン」は、まさに「パステル・デ・ナタ(エッグタルト)」の王様。ポルトガルを旅するなら一度は試してみるべき逸品といえるでしょう。

<お店の情報>
Pasteis de Belem(パステイス・デ・ベレン)
住所:Rua de Bele, 84-92
営業時間:8:00〜23:00(7〜9月は〜24:00)
公式サイト:http://pasteisdebelem.pt/en/

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

日本でもナタ・デ・クリスチアノ(Nata de Cristiano’s)で本格的なエッグタルトを楽しむ事ができます。