『レタスクラブ16 11/21増刊号』

写真拡大

 こんにちは。漫画家・イラストレーターの山本ありです。一応 調理師免許を持っておりまして、自己流で色々作ったり某クッキングサイトを見て作ってみたりするのですが、どうも毎回「想定内」の味になっております。

たまにプロのレシピを作ると、「このひと手間でこんな味に!食感に!」と新しい発見がありとても楽しいものです。
丹誠込めて作られた食材を汗水流して働いたお金で買い、おいしく食べたいという気持ちは人一倍強いわけで、新たな味を開拓すべく、今回の連載ではレタスクラブに掲載されているプロレシピに色々トライしたいと思います!

 このしたごしらえを活用して作ってみたのが「もやしと高菜の中華あえ」、「もやしのたくあん炒め」(レタスクラブ最新号掲載)。これらに合わせたのは主菜に白米に抜群の相性を誇る「豚バラの台湾風煮込み」(レタスクラブvol.855掲載)、パンチのあるおかずが多めなのでさっぱりと「生野菜」。

 さらに「豆もやしの炊き込みご飯ザーサイだれ」(レタスクラブ最新号掲載)も作りました。

 豆もやしはお米と鶏ささみと一緒に炊き込んでも、しっかり食感が残っていてびっくり! 鶏の旨味を吸ったお米にパンチのあるザーサイだれがからんでペロリと2杯食べてしまいました。合わせたのは中華風のご飯に相性の良いお酢を使った料理「タマゴと舞茸の甘酢炒め」、苦味がアクセントになる「ゴーヤの炒め煮」。

 これからもいろいろ新しい料理に挑戦して、漫画と写真でレポートしていきます!

『レタスクラブ16 11/21増刊号』は10月8日(土)発売です。