鳥の骨を与えると腸閉塞や腹膜炎など、最悪の場合死に至ることも

鳥の骨といえば犬の大好物のひとつですが、「鳥の骨は危険なので食べさせてはいけない!」という話はよく聞きます。
とはいっても、コラーゲンだから体に良さそうだからとか、実際に危険な目にあった話は聞かないし…という理由で、鳥の骨を与えている飼い主もいるのではないでしょうか?

実は私も以前飼っていたボーダーコリー(♂)が誤って鳥の骨を食べてしまい(もちろん故意ではないです)、大騒ぎしてしまったことがありました。不運にも嘔吐や下痢を繰り返し、次の日には動物病院に駆け込むことに…。

念のためレントゲンをとったり2日間何も食べさせずに胃腸を休ませたりして何とか回復しましたが、このような思いは犬も飼い主も二度としたくないですよね。場合によっては噛み砕いた骨が縦に割れた状態で胃や食道に刺さり、腹膜炎や腸閉塞で最悪の場合、死に至ることもあるそうです。

ただ、生の状態や高熱処理されたものは比較的安全なので、一概に全ての鳥の骨が危険というわけでもないようです。

鳥の骨は比較的安全でも、危険はゼロではない

犬が鳥の骨を食べたら必ず体調が悪くなるものではありません。大きさや加熱されたものかどうかで噛み砕いたときの骨の状態は異なります。

生か調理済みか

鳥の骨は生だと噛み砕いても尖った状態にならないのですが、加熱すると縦に割れるため、胃や食道を傷付けてしまい、腸閉塞や腹膜炎になってしまう恐れがあります。ケンタッキーフライドチキンのように高温加熱されたものだと、噛み砕いたときに骨がぼろぼろ崩れるため、胃や食道に刺さることはあまりないそうです。

ただ、比較的安全といわれる生の状態や高温加熱されたものでも、危険が全くないわけではありません。先述したように、私の飼っていた犬は鳥の骨を食べて大変な目に遭いました。また、たとえ食べた後に平気な様子でいたとしても、数日後に急変する事もあります。

もし犬が鳥の骨食べてしまった場合

誤って鳥の骨を食べてしまった場合に飼い主がするべきことは、これらの事を把握しておくといいと思います。

どのような状態のものを食べさせてしまったか(大きさや量、生か加熱済みかどうか)その後下痢や嘔吐、血便などはないかどうか元気がなくなっていないかどうか

もちろん、一番良いのはすぐに獣医さんに診てもらうことですが、夜中などで行けない場合もあると思います。

もし夜中で動物病院に行けない場合はさつまいもをたくさん食べさせる(胃などを傷つけにくくするため)体をあまり動かさない(安静にする)

あくまでもその場しのぎの対処法ですので、その後獣医さんに診てもらいましょう。

鳥の骨は危険ではないという説

一説によると、もし鳥の骨を食べてしまった場合でも、問題視する必要はないともいわれています。

鳥の骨の成分は、無機質70%、コラーゲン20%、水10%となっています。加熱された鳥の骨は、かたいコラーゲンが剥がれ落ち、骨がもろく崩れやすい構造となっているそうです。このため、犬が噛み砕いたときに粉々になるため、とても吸収しやすい状態になります。

また、加熱処理されている鳥の骨は生の鳥の骨よりに比べて菌が繁殖する心配がないため、安全だともいえます。こういったことから、鳥の骨は食べさせてもいいのでは?と考える飼い主もいるかもしれません。

また、飼い主が鳥の骨を食べてしまった犬を連れて動物病院に駆け込むのはナンセンスだという獣医さんもいます。胃の中の胃酸(塩酸)により食べた後1〜2時間で骨が溶けてなくなるからだそうです。実際に鳥の骨よりも、犬用のかたいガムを飲み込んで消化不良を起こす事故例の方が圧倒的に多いそうです。

それでも飼い主としては心配

犬が鳥の骨を食べて体調を悪くしたり死に到るケースが今まであったという話を聞いた以上、飼い主としては大事な愛犬をわざわざ危険な目にあわせてまで食べさせなくてもいいという思いがあります。

まとめ

犬が鳥の骨を食べると、腸閉塞や腹膜炎になる事があるため危険である鳥の骨でも加熱したものは危険であり、生や高温処理したものは比較的安全といえる犬がもし誤って鳥の骨を食べた場合は、獣医さんに診てもらう事が一番である獣医さんによっては鳥の骨は危険ではないという説もある最後に…

鳥の骨を食べて死んでしまったケースというのはそうあることではないようです。
ですが、大事な愛犬を守るためにも危険といわれるものを食べさせるようなことはなるべく避けたいものです。
これからも安心なペットライフを送りたいですね。