阿蘇山が36年ぶりの爆発的噴火 噴煙は1万1000メートル

ざっくり言うと

  • 阿蘇山の36年ぶりの噴火を受け、気象庁は8日午前4時から記者会見を開いた
  • 高さ1万1000メートルの噴煙が観測され、広範囲で降灰が予想される
  • 火山灰だけでなく、小さな噴石、火山ガスにも注意をよびかけた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング