『古都』ポスター (C)公益財団法人川端康成記念會/古都プロジェクト

写真拡大

松雪泰子主演で映画化される『古都』の本ポスターと予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『古都』予告編

本作は1962年に新潮社より刊行された川端康成「古都」の現代版として、原作では描かれなかった、大人になった主人公たちの物語として映像化。京都伝統の呉服屋で生きる姉と北山杉の里で働く双子の妹を主演の松雪泰子が一人二役で演じ、それぞれの娘役として橋本愛と成海璃子が共演。その他、伊原剛志、奥田瑛二ら豪華キャストが脇を固める。

物語は京都が舞台。室町に先祖代々続く佐田呉服店で佐田千重子(松雪泰子)は、店を継いだ日から20年間、同じ場所で変わらない生活を送っていた。古くから付き合いのある職人が次々廃業していく中で店をどうしていくのか、室町に生まれた宿命を娘の舞(橋本愛)に背負わせていいものか、葛藤の中で生きていた。そして舞は、大学生で、就職活動の時期に差し掛かり、店を継ぐべきなのか迷っていた。

一方、京都のはずれ、北山杉の里で林業を営む中田苗子(松雪泰子/二役)は、千重子と同じ顔をした生き別れた双子の妹。苗子もまた深刻な経営悪化に陥っていた。苗子の娘の結衣(成海璃子)は美術の才能を活かし北山杉を使い何か新しいことが出来ないかとフランスに留学。しかし留学先で他の学生との力の差を感じ、無力感に苛まれていた。それを感じとった苗子は娘に会うためにパリ行きを決意する。

そして今、京都の伝統に生きる2組の母娘の人生が初めて交差する──。

解禁となった予告編は、松雪が演じる生き別れた双子の姉妹、千重子と苗子が母親となってからの姿からはじまる。2人にはそれぞれ娘がおり、その娘が人生の「岐路」に立たされ、母と娘がそれぞれ苦悩する姿が、美しい京都の風景や伝統工芸品などを背景に描かれていく。そうして、伝統を守り続けてきた家族の絆があぶり出されていく。

また、同時に解禁されたポスターは「この運命に、生きる──。」というコピーとともに、千重子の思慮深くも力強い眼差しに、日本の伝統に生きることを選んだ母の凛とした生き様が投影されている。

映画『古都』は11月26日より京都先行公開。12月3日より全国公開となる。