酔った勢いで男性に猛アプローチをしかけたり、日頃のうっぷんをここぞとばかりに晴らすなど、お酒の席での大失敗に心当たりはありませんか?

翌日に「酔っていたから〜」なんて言い訳で許してもらおうなんて……甘い! 前日の泥酔姿を見て、男性はドン引きしている可能性もあります。

そこで今回は、『美レンジャー』が20〜40代の男性500人に「お酒の席で正直ウザいと思う女性の行動(複数回答可)」について独自のアンケート調査を実施しました。男性の本音は一体……?

■お酒の席で正直ウザいと思う女性の行動TOP5

第5位・・・もっと飲めと言ってくる(16.6%)

まず5位にランクインしたのが相手を“煽る”ような言動でした。グラスが空くとすぐに次のお酒を頼むよう強要されたら、「ウザい!」と思ってしまいそう。

自分が酔っているからといって、相手にも多量のアルコールを求めるのはダメですよね。人それぞれのペースを尊重して楽しく飲みましょう!

第4位・・・立てなくなるほど泥酔する(20.0%)

こちらは女性自身が迷惑をかけるパターンの行動です。自分の適量を知らず、立てなくなるほどの泥酔は、一緒に飲んでいる周りの人にも迷惑がかかってしまいます。

放置していくわけにもいかず、誰かが介抱することになり、せっかくの楽しい飲み会も台無しになりかねません……。

第3位・・・泣き出す(20.8%)

次いで“泣き上戸”がランクインしました。みんなで和気あいあいと飲んでいる中、急に泣き出したらビックリしますよね。

逆に“笑い上戸”な女性もよく見かけますが、このタイプは今回のランキングに関しては、特にウザいと強く感じている人もいないようでした。しかし、ランキング外の「声が大きくなる」(15.2%)について嫌悪感を抱いている男性もいるので、場の空気を読んで気をつけましょう。

第2位・・・やたらと電話をする(21.8%)

そして2位が“連絡”についてのウザい行動でした。これは心当たりのある女性も多いのでは?

楽しい飲み会帰りにふと人恋しくなって、好きな人に電話をかけてしまう人、少なくないですよね。アルコールの勢いもあり、いつもだったら勇気が出ない行動にも、果敢に挑戦してしまうのが怖いところ。その行動、男性からドン引きされていますよ。

第1位・・・吐いてしまう(24.8%)

そして第1位の行動は、自分も周りも全員がガッカリしてしまう行動が挙がりました。第4位の“立てなくなるほど泥酔する”と同じように、自分の“適量”を知らず、飲みすぎて泥酔することへの残念感が伺えます。

また、自分だけならまだしも、周りへ迷惑をかける行動は「ウザい」と思われてしまうのは納得ですよね。しかし、いくら適量を知っていても、その日の体調によっては、酔ってしまうこともあります……。

それでは、“酔いやすいNG飲み方”についてご紹介します。当てはまる人は注意ですよ!

■酔いやすいNG飲み方3つ

(1)お水を飲まない

喉がカラカラに乾いていると、体が水分を欲して、お酒もグイグイ飲んでしまいがち。しかし、これは酔いやすく危険な飲み方のひとつでしょう。飲酒するときは、同量のお水をチェイサーとして摂ることで、血中のアルコール濃度を薄め、酔い対策になります。

(2)すきっ腹で飲む

お腹に何も入っていない状態でアルコールを摂取すると、消化物のない胃を通り越して、小腸へ向かい、アルコールの吸収が早くなってしまいます。まずは何か食べ物をお腹に入れてから、もしくは飲み会の前におにぎり1個でもいいので、パパッと食べてから参加しましょう。

(3)塩分の多いおつまみを食べる

上記で紹介した空きっ腹対策でもあり、酔いやすさを抑えるのがおつまみです。しかしながら塩分の多い乾きもの類は喉が乾いてしまい、飲酒のペースが上がりやすくなってしまうので、塩分の少ないおつまみをセレクトすべし。例えば、枝豆やチーズなどです。

どんなに気をつけていても、体調やペースによっては酔ってしまうときもあるもの。楽しい飲み会の雰囲気だけでなく、自分の体も守れるように、お酒とは上手に付き合っていきましょうね。

【関連記事】

上位3つは500kcal超え!食べ過ぎ注意「高カロリー菓子パン」TOP10