写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ピラミッド型の奇岩絶壁!? 白亜の灯台のてっぺんで「ポンカンソフト」を
日本最南端にある和歌山県串本町は、年間平均気温17度と一年を通じて温暖な気候に恵まれている。串本町という名でピンと来た人は鼻がいい。そう、クロマグロの完全養殖「近大マグロ」の蓄養基地として有名な地だ。だが、グルメだけではない。そんな串本町の見どころやオススメスポットを、もちろんグルメとともに紹介したい。

○本州最南端の町・串本は陸の八丈島?

実は串本町は、緯度では東京の南方287kmにある八丈島とほぼ同じ位置にある。八丈島同様、黒潮暖流の恩恵を受け、豊富な海洋資源にも恵まれており、近年は32年の歳月をかけて成功した「近大マグロ」の蓄養基地としても知られている。

JR串本駅から車で南に15分行くと三方を太平洋に囲まれ、紀伊半島の突端にぶら下がりクジラの尻尾のように見える本州最南端の地「潮岬」、その隣には串本本土から橋でつながる紀伊大島があり、町が有す海岸線は127.38kmにも及ぶ。リアス式海岸には自然が織りなす絶景や世界最北限のテーブルサンゴの群生地など、吉野熊野国立公園やラムサール条約湿地、南紀熊野ジオパークに認定された豊かな自然美を見ることができる。

○本州最南端「潮岬」で絶景&絶品スイーツ

では串本町を歩いてみよう。潮岬でまず見ておきたいのが、本州最南端の地のシンボル的存在、熊野灘を見下ろす約30mの断崖に立つ「潮岬灯台」だ。明治6(1873)年から150年近くもの間、沖を航行する船を照らし守り続けてきた白亜の灯台はイギリス人技師の設計によるもので、68段のらせん階段を上ると、眼下に太平洋の大海原が広がり、180度以上に広がる水平線を見ることができる。内部に資料館を併設しており、2代目の潮岬灯台レンズも展示されている。

また少し離れた場所に見晴らし台がある。潮岬灯台は夕日の名所としても知られるが、夏は16時半、冬は16時には閉館となる(入場料は大人税込200円)。絶壁に立つ灯台や夕日を眺めるならここがオススメだ。

潮岬灯台から東へ約500m行くと潮岬観光タワーがある。タワーの眼前には約10万平方メートルの広大な芝生の草原「望楼の芝」、その先に「本州最南端の地」がある。タワー最上階の展望室に上がれば360度の眺望を楽しめ、天気の良い日には遠く那智山まで見渡せる。タワーに入館すれば、「本州最南端訪問証明書」も発行してもらえる(入館料は大人税込300円)。

お土産やちょっとしたグルメは、タワー内部の売店・食堂へ。ここで要チェックなのが、本州最南端の地で太陽をいっぱいに浴びて育ったポンカンを使用した「ポンカンソフト」(税込300円)だ。無添加果汁100%のポンカンを使用し実にフルーティーで、後に残らないさわやかな味わいにはきっと魅了されるだろう。食堂では近代本マグロ料理も提供されている。

○県内最大の島「紀伊大島」の絶景は歴史ドラマの舞台

潮岬観光タワーからクジラのしっぽをなぞるように海沿いの道を東に約6km進むと、串本本土と紀伊大島を結ぶ「くしもと大橋」が見えてくる。手前に見える苗我島にかかる386mのループ橋とその先290mのアーチ橋という複合橋は、絶景ツーリングコーストとして「日本の名道50選」にも選ばれている。

くしもと大橋を渡ったところが和歌山県最大の島「紀伊大島」、そのまま島の東端まで約7km進むと、マグマからできた岩が太平洋の荒波に削られてできた奇岩の景勝地、南紀熊野ジオパークにも認定された「海金剛」がある。特徴的なピラミッド型の奇岩絶壁の絶景が人気となっている。

海金剛周辺には、この地を舞台とした内野聖陽主演の映画「海難1890」のロケ地が点在する。明治23(1890)年、トルコへ向かうエルトゥールル号が近くの樫野埼沖で座礁沈没した際、村民総出で救助や看護を行い、少ない食べ物や衣服を提供するなど、日本とトルコ友好の原点となった。映画はその奇跡の実話を描いたもので、海金剛を見渡す阿野木展望台もそのロケ地のひとつとなった。

また、島の東端には明治3(1870)年初点灯の日本最古の石造灯台「樫野埼灯台」がある。無人灯台で内部は非公開だが、らせん階段を上ると太地町の舵取崎まで見渡せる。園地内には国の登録有形文化財「樫野埼灯台旧官舎(入館料は大人税込100円)」や水仙の群生も見られる。灯台へ向かう道には「トルコ記念館」や慰霊碑があり、トルコ雑貨をあつかう店ではのびるトルコアイスも売られている。散策して楽しんでほしい。

さて次は串本本土側に回ってみよう。潮の干満により姿を変える神秘的な国の名勝天然記念物や、美しいサンゴやウミガメたち、そして、近代マグロに負けず劣らずの海鮮料理。串本町はさまざまな顔をもっていると言えるだろう。

●奇岩が並ぶ絶景「橋杭岩」は朝夕で顔が変わる! 実はカツオも美味
○その昔、弘法大師と天邪鬼が競った!?

串本町の中でも屈指の絶景を誇るのが串本から大島に向かい、約850mに列をなし大小40余りの岩柱がそそり立つ国の名勝天然記念物「橋杭岩」だ。その景観は潮の干満により姿を変え、実に神秘的だ。

満潮の際は海に浮かび、歩いては行けないが、朝夕に浮かび上がる奇岩のシルエットは美しく、朝日や夕日の名所にもなっている。一方、干潮の際はそのすぐそばまで歩いていける。岩には一つひとつ名前がついており、目の前の「道の駅くしもと橋杭岩」から見て向かって左から元島、ゴロゴロ島、黒岩、タコ島、海老島、コボレ岩、折岩と続く、ネーミングと岩の形を見比べるのも楽しい。

環境省「海水浴場百選」に選ばれた海水浴場に隣接、車で5分ほど東に走ると鯛の形にそっくりな、その名も「鯛島」も見える。その先の田原海岸は朝霧で有名で、向かい合った2つの岩の間に朝日が昇る絶景を撮影に来る人もいる。

○ひとつの公園に水族館・海中観光船・ダイビングパーク

最後にもうひとつ、串本の海のオススメスポットを紹介しておこう。JR串本駅から約6kmのところには「串本海中公園」がある。ここには水族館、うみがめパーク、海中展望塔や海中観光船のほか、体験ダイビングやシュノーケリングが楽しめる串本ダイビングパークもある。

串本の海には125種類以上のサンゴがあり、世界最北のサンゴ群落として2005年ラムサール条約に登録された。ここではそのどこまでも続くテーブルサンゴや枝サンゴの群落を泳ぐカラフルな魚たちを見ることができる。時間があれば、ぜひダイビングやシュノーケリングも楽しみたいところだ。水族館では毎日ウミガメの赤ちゃんタッチングも開催している。入場料は大人は水族館・海中展望塔1,800円乗船券を含めると2,600円など(いずれも税込)。

○旅の〆には「カツオ茶漬け」を

今回は串本の海の資源を中心に代表的な観光名所を紹介したが、これ以外にも「絵の寺」の異名を持つ無量寺は丸山応挙ら、室町から江戸時代にかけての絵画96点を境内の「応挙芦雪館」に収蔵。中でも国の重要文化財に指定されている応挙の弟子、長沢芦雪が描いた襖絵の「虎図」は必見だ。また、熊野古道・大辺路ウォーク、マリンスポーツやサイクリングなど、串本の楽しみは多い。串本ロイヤルホテルには橋杭岩が一望できる温泉露天風呂や展望台もある。

グルメで言うと、近大マグロはもちろんのこと、タイやトビウオ、カツオやウナギなど、串本では新鮮な魚料理が手頃な値段で楽しめる。「紀州なぎさの駅 水門まつり」では海を眺めながらさまざまな海鮮料理が楽しめる。売店も備えているのでお土産などの買い物や産直品の発送も可能だ。

また、JR串本駅近くの「萬口」はカツオ茶漬けで知られる。ここのカツオ茶漬けはまず、ご飯の上にカツオを半分乗せ、秘伝のたれをかけてそのまま食べる。次の一杯は残り半分のカツオにたれとお茶をかけて、お茶漬けにしていただくというもの。外観は古い印象を受けるが、中に入ると風情ある昭和の佇(たたず)まいが何とも言えない。ぜひ、一泊して串本の絶景と食、さまざまな体験を満喫してほしい。

※記事中の情報は2016年9月のもの

○筆者プロフィール: 水津陽子

フォーティR&C代表、経営コンサルタント。地域資源を生かした観光や地域ブランドづくり、地域活性化・まちづくりに関する講演、企画コンサルティング、調査研究、執筆等を行っている。著書に『日本人がだけが知らないニッポンの観光地』(日経BP社)等がある。

(水津陽子)