情報は視線を変えずに把握する!速度から心拍数まで表示できるウエアラブルギア

写真拡大

GPS機器やフィットネスデバイスを手がけるGarmin(ガーミン)から、サングラスなどアイウエアのテンプル部に取り付けるサイクリング用インサイトディスプレイ「Varia Vision J(バリア ビジョン ジェイ)」が登場。

視線を前方に向けたまま、心拍や気温、高低差、スピードなどを把握できる最新ウエアラブルディスプレイだ。

「Varia Vision J」は、わずか1cm四方ほどのディスプレイに、互換性のある同社製サイクリングデバイスからのデータや方向指示などを表示できる。

従来のサイクリング用機器は、自転車のフレームに取り付けて使用するものがほとんどだった。しかしその場合、データ確認のためには視線をいったん下へ向けなくてはならず、前方不注意による事故の危険性があった。しかしこれがあれば、姿勢や視線を変えることなくライディングに集中できる。

タッチパネルはグローブ着用時でも使用でき、データ画面を容易に切り替えられる。別売りのVariaリアビューレーダーと組み合わせれば、後方からの接近車両の情報などを取得してアラートを出すこともできる。

img_111391_4

本体サイズは60×19.7×19.8mm、重さはわずか29.7g。左右どちらにもつけられ、IPX7の生活防水性能もある。価格は5万3784円だ。

Garmin「Varia Vision J」>> http://www.garmin.co.jp/minisite/edge/#varia

[関連記事]
ハンドルのLEDがナビしてくれる未来派自転車がカッコいい

スプレーで光を反射! 夜のランニングや自転車、ペットも安全!

スマホも充電OK!バッテリー付き超強力自転車ライト

(文/&GP編集部)