ウブな女性必見!「好き」と言葉にせずに相手に好意を伝えるテクとは?(photo by millaf/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】最近は肉食女子も多いみたいですが、「告白は怖くてできない!」という女性も大勢いますよね。「告白はできないけど、あの人と付き合いたい」という場合は、いかに意中の男性に告白させるかがポイント。そこで今回は「好き」と言葉にせずに相手に好意を伝えるテクニックを伝授します。ウブな女性はぜひ参考にしてみてくださいね。

【他の記事を見る】男性に聞いた「ドキッとする甘え方」ベスト5

♥じっと見つめて、目が合ったら逸らす


「好きだから見つめてしまう」というシンプルに好意を伝える方法です。

たとえ見つめられている本人が気付かなくても、彼の友達が「あの子、いつもお前のこと見てるよな」と伝えてくれることもあるでしょう。

もし目が合ってしまってもウィンクをするのはやり過ぎですし、そのまま見つめ続けるとまるでホラーです。

すかさず目を逸らして、また後で見つめてみましょう。

最初は「気のせいかな?」と感じていた彼も「もしかして俺のこと…」と意識してしまうはずですよ。

♥さりげなく隣をキープする


飲み会などで彼の隣の席をさりげなくキープしましょう。

当然話す機会も増えますし、二人の距離が近付くきっかけにもなります。

ここでボディタッチをしたりすると、周りからあざとく見られてしまいますので、あくまでもさりげなく隣にいるだけでいいのです。

「なんだがいつも隣にいるかも」と彼が思っていたらこっちのものですよ。

♥彼の名前を連呼する


「○○くん、おはよう」「○○さん、ありがとう」など相手の名前を出来る限り呼んでみましょう。

「好き」とは言えないウブな女性でも名前を呼ぶくらいならきっとできるはずです。

名前を呼ばれた男性にとっても名前を呼ばれることは嫌な気分はしませんし、「自分だけ呼ばれている」と特別感を感じることでしょう。

♥SNSの投稿に反応する


もし気になる男性がSNSを利用しているなら、そこもアピールチャンスです。

彼からの投稿には反応するように心がけましょう。

コメントを残す必要はありません。

「いいね!」等のリアクションを残しておくだけで投稿した彼にとっては嬉しいはずです。

毎回「いいね!」する必要はありませんので、内容をよく見て適度に反応してあげましょう。

♥付箋を使ってメッセージ


仕事や勉強などを熱心に取り組んでいる彼の場合は、付箋を使って労いのメッセージを伝えてみましょう。

小さな付箋に「いつもお疲れ様」「あまり無理しすぎないでね」などの言葉を添えて、彼の机にそっと貼っておきます。

手紙だと重すぎると思われそうですが、付箋という小さな気遣いに、彼はあなたを意識せざるを得ません。

「いつもあなたを気にかけている」という思いが暗に伝われば、彼の心も揺れ動くはずです。

いかがでしょうか?

ウブな女性もちょっと勇気を出してチャレンジしてみる気持ちになりましたか?

いずれは面と向かって「好き」と伝えられる関係に発展できるよう頑張りましょう。(modelpress編集部)