好感度もアップ!「物づくりレッスン」週末のリフレッシュ3選

写真拡大

芸術の秋と言いますが、今年は見るだけでなく物づくりにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

「手作りの趣味があるって素敵」と思っていたけれど、「難しそう」「なにが向いているかわからない」といった女性のために“実用的・かっこいい・癒し系”の3つをキーワードに、参加しやすい手作り体験レッスンをご紹介していきます。

実際に手作り体験レッスンをしている女性に話を聞くと、「無心になれるので定期的にいきたくなる」という声も。普段忙しくしている人こそ、手を動かして何かを作る時間は良いストレス発散になるのかもしれませんね。

それでは早速ご紹介していきます!

■1:職人技! 日用品でほっこり“お箸づくり”

会員制工房『Maker’s Base』で開催されている多彩なワークショップの中から、今回ご紹介するのは“お箸作り”。会員制といっても一般の方も気軽に参加することができます。

木材を選び削り出していくお箸作りは、気づいたら無心になれるのだそう。お箸であれば、場所を取らずいくつあっても困らないため、手作り初心者にはもってこいです。

2時間半の時間制限の中で、オリジナルのお箸を何本までも作って良いというのも嬉しいワークショップです。

ホームパーティーをした際に使えば、「このお箸、自分で作ったんだよ!」と会話がはずむこと間違いなしですね。

■2:かっこいい度ナンバーワン! “電子工作”

テレビCMでおなじみの『DMM.com』がモノづくりの一大拠点として構える『DMM.make AKIBA』。3Dプリンタをはじめ電子工作をするために必要な機材が全て揃っていると言っても過言ではないほど。

女性にとってはとっつきにくい分野と思われがちですが、理系出身の女性に話を聞くと「スピーカーの自作楽しいよ!」とすでに体験済み。

筆者が気になったワークショップは『シナ合板でつくる多面体スピーカー』。12面体のうち9面にスピーカーが埋め込まれており、音響が優れていることはもちろんインテリアとしても見栄えの良い品。レストランやインテリアショップで見たことある方も多いのではないでしょうか?

実際に買うと高いため自分で手作りすることでお値段も安く手に入るとなれば、作ることも選択肢のうちの一つです。

■3:癒されたいなら迷わず“キャンドル”

仕事に忙殺され「とにかく癒しが欲しい!」という女性にはキャンドルの手作りレッスンがオススメです。作る過程はもちろんのこと、帰ってから自分で作ったキャンドルに火を灯し、ゆらゆら揺らめく炎を眺めていれば、心は落ち着き余裕が出てくるものです。

自分のご褒美にキャンドルを買うのもいいですが、せっかくなら手作りしてみるのはいかがでしょうか? キャンドルはギフトとしても喜ばれるため上達してきたら友達へのプレゼントとしても良いかもしれませんね。

以上、“実用的・かっこいい・癒し系”の3つをキーワードに、参加しやすい手作り体験レッスンをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

手を動かして物を作ることで自分自身のストレス発散にもよし、大事な人へのプレゼントにもよし。簡単に物を買える時代だからこそ、手作りの物に価値があるのでしょう。

ハードルが高いと思われがちな手作りだからこそ、まずは体験から試せるのも嬉しいものです。ぜひ週末の過ごし方の候補に加えてみてください!