ファッションの未来のために、いま語られるべきこととは:第2回Decoded Fashion、コンテンツディレクターに訊く

写真拡大

ファッションとテクノロジーをつなぐグローバルカンファレンス、「Decoded Fashion」(デコーデッド・ファッション)が今年も東京で開催される。今回のカンファレンスでは一体何が語られるのだろうか? ユーザーの価値観が激変するいま、そして未来において、ファッション業界がよりよく進化するために考えねばいけないこととは何か? 『WIRED』日本版のコントリビューティングエディターであり、コンテンツディレクターを務める名古摩耶に、今年の見所について尋ねる。

「ファッションの未来のために、いま語られるべきこととは:第2回Decoded Fashion、コンテンツディレクターに訊く」の写真・リンク付きの記事はこちら

2016年の「Decoded Fashion」(デコーデッド・ファッション)は「THE NEW RULES OF LUXURY 〜ラグジュアリー体験の未来〜」をテーマに掲げています。

かつて、「ラグジュアリー」と聞いて想起されるのは、豪華、エクスクルーシヴ、煌びやか、贅沢といった言葉でしたが、ソーシャルメディアの台頭やUberAirbnbのような新しいサーヴィスの誕生によって、わたしたちの暮らしや価値観が激変するなか、既存の「ラグジュアリー」の定義はすでに意味を失いつつあります。ミレニアルやGenZといわれる若いユーザーたちは、何らかのカタチで「社会(あるいはコミュニティ)に貢献するファッション」を支持し、それこそが自分たちにとっての「豊かなファッション」と捉えはじめているように感じます。

同時に、ファッション業界のコンペティターはいまや同業者ではなく、食や旅行をはじめとする「体験」であり「ストーリー」です。そんな時代にあって、ユーザーが真にエンゲージしたいと思うブランドのあり方とはなにかを、さまざまな観点から議論しようというのが今年のデコーデッド・ファッションです。

午前中のセッションで最新の消費者インサイトとリテールの最新動向をシェアしてくれるスタイラスのケイティ・バロンがモデレーターをつとめるパネルディスカッション「スマートなストーリーテリング──ものづくりの誠意」では、デザイナーやEコマースなど異なる立場から「スマート=誠実な」ストーリーテリングの重要性が語られる予定です。いまの消費者は、ファッション産業やラグジュアリー産業が孕んでいるような欺瞞を瞬時に見抜いてしまいます。そんな状況でファッションに求められるのは、ユーザーを「気持ちよくする嘘」をつくことではなく、誠実なブランディングなのです。

decoded_speaker

左から『VOGUE JAPAN』編集長・渡辺三津子、モデル兼慈善事業家・鎌田安里紗、株式会社ウツワ創設者・ハヤカワ五味。3人はカンヴァゼーション「ジェネレーションZの本音ーーわたしたちのラグジュアリー」に登壇する。

これは、SNSの活用においても然りです。こうした前提に立脚すると、インフルエンサーを起用した安直なマーケティングで、いくら「いいね」を稼いだところで、真の意味でユーザーのエンゲージメントを高めることができないのは自明です。彼らは、心から「いいね」と思った「コンテンツ」に対しては、惜しみない賛辞を送り、どんどんシェアします。『VOGUE』の渡辺三津子編集長をモデレーターに、同世代女子から圧倒的な支持を得ているエシカルファッションプランナーの鎌田安里紗やペチャパイ女子のためのランジェリーブランドを運営するデザイナー、ハヤカワ五味を迎えたパネルディスカッションでは、日本のGenZ世代のラグジュアリーに対する本音が聞けるでしょうし、それに続くナカヤマン。のセッションでは、GenZの日常に不可欠なSNSや動画といったメディアに向けた「誠実なコンテンツのつくり方」を学ぶことができるはずです。

10/11(火)開催迫る! 参加申し込みはこちらから(Peatixページ)

こうした短期的なストラテジーだけでなく、もっと先の未来に目を向けることももちろん重要です。

今回プレゼンテーションを行ってくれる、アマンダ・パークスが所属するマニュファクチャー・ニューヨークは、より広い意味でファッションのイノヴェイションを支えている機関です。マニュファクチャー・ニューヨークの活動はイノヴェイションコンサルティングや新素材の開発など多岐にわたりますが、服づくりにどうテクノロジーを組み込むかという視点は一貫しています。先にも述べたようなより環境負荷の少ない素材開発やものづくりを実現するためのテクノロジーやサイエンスの研究はもちろんのこと、服の表層にテクノロジーをエンベッドするのではなく、服をインターフェイスと捉えることで、ファッションのエコシステムそのものを変える研究も積極的に行っています。彼女のプレゼンは、明日よりもっと先のファッションの未来を考える上で、非常に大切な示唆を与えてくれるはずです。

左からマニュファクチャー・ニューヨークのアマンダ・パークス、シモーネCEO・ムラカミカイエ、アーティストのアイトア・スループ。3人はそれぞれ異なるプログラムに登壇し扱うテーマも異なるが、どれもファッションの未来を考える上で見逃せないプログラムとなるはずだ。

その意味では、ファッションブランドに限らず、クルマやコスメなどさまざまな業界のものづくりを含めた実践的なブランディングに携わるシモーネのムラカミカイエさんと、『WIRED』日本版編集長の若林恵によるセッションもまた、賞味期限の短いストラテジーではなく、より先の未来に対するインサイトを知ることのできる貴重な機会です。ブランドや企業が未来においても求められるために対峙すべき「問い」とは何かを考えるうえでも、見逃せないセッションになることは間違いありません。

その点で、クロージングインタヴューに登壇するアーティスト、デザイナー、クリエイティヴディレクターのアイトア・スループのセッションは、ファッション業界のみならず、クリエイティヴに携わるすべての人にとって、はっとさせられる内容になると思います。


DECODED FASHION TOKYO2016

>>参加申し込みはこちらから(Peatixページ)

開催日時
10月11日(火)13:00〜17:00(18:00)

会場
東京アメリカンクラブ
(東京都港区麻布台2-1-2)

参加費
32,400円(一般)、75,600円(前日のVIPディナー参加権付き)

定員
400人

RELATED