日本代表のTwitterがゴリ押ししている「#ガニエ」って、一体何だ?

写真拡大

山口蛍の劇的な決勝ゴールでイラクに2-1と競り勝った日本代表。

テレビ朝日では19.1%という高視聴率をマークするなど、注目度の高さがうかがえた。

日本にとって10月の2試合は負けられない戦いが続く。

日本代表の公式Twitterアカウントも積極的に情報発信をしていたのだが、ちょっと気になる文字を見つけた。

#daihyo や#jfa 、#W杯最終予選 といったお決まりの単語とともに、#ガニエ という謎のハッシュタグがつけられていた。

あまりに唐突に出てきたワードであり繰り返しツイートされているため、気になった人も少なくないはずだ。

「ガニエ」とは、フランス語で「勝利する」を意味する"gagner"の日本語読み。

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督が記者会見で頻繁に用いており、協会としてはこの言葉をキーフレーズとしてハッシュタグで利用しているようだ。

説明なしに使い始めたため浸透しているとは言い難いが、これからきっとポピュラーになる…はず!

#ガニエ