右・『八日目の蝉』(アミューズソフトエンタテインメント)

写真拡大

 結婚秒読みかと報じられてきた嵐・松本潤と井上真央のカップルに、破局説が浮上している。

 松本と井上はドラマ『花より男子』(TBS系)で共演して以降、10年にわたる付き合いで、2年ほど前に「フライデー」(講談社)14年5月9・16合併号が焼肉デートをスクープ。それ以降は何度も"結婚"が取り沙汰されてきた。

「大河ドラマ『花燃ゆ』終了後に結婚か」「大河がコケたから入籍は1年延期」「来年の井上の誕生日に入籍発表」「嵐結成20周年となる2019年まで結婚はない」...... まるで風物詩のように結婚説が浮上し、また13年には「週刊女性」(主婦と生活社)記者が読売テレビで「ジャニーズの人気タレントが電撃結婚するらしい」と発言したことで、それが松潤と井上ではないかと大騒動になったこともある。

 今年4月に井上が所属事務所「セブンス・アヴェニュー」から独立することが明らかになった際にも、「週刊文春」(文藝春秋)5月5・12日合併号が井上がこれまで行けなかった嵐のコンサートに「そろそろ行きたいかな」とテレビ関係者に語ったことなどを理由に、来年1月に婚約発表の予定だと具体的に報じ、かたや同日発売の「週刊新潮」(新潮社)では、結婚を全面否定するなどその見解が真っ二つに割れたことも記憶に新しい。

 そんななか、「週刊女性」10月18日号が2人の結婚が白紙になったと報じているのだ。

「この交際を応援してきたのが、井上が辞めた前事務所の女社長だったんです。(略)女社長はジャニーズ事務所の副社長でメリー喜多川さんの娘であるJさんと親しい間柄なんです。なので、松本との交際も認められたし、ジャニーズタレントとの共演がNGにならなかったんですよ(略)Jさんとしては、井上だったらゆくゆくは松本の結婚相手としてOKだろうと前向きにとらえていたんです」(芸能プロ関係者のコメント「週女」より)

 ジャニーズの後継者である"Jさん"こと藤島ジュリー景子氏が2人の交際を結婚も視野に前向きに捉えていたとは驚きだが、そうした状況は井上が事務所を離れたことで一変したという。

「友人の事務所から独立する井上に対し、今後も同じスタンスで接していけるかといえば、難しいでしょう」(同前)

 事務所を辞めたのは結婚引退への準備ではと見る向きもあったが、むしろ事務所独立によって結婚が難しくなったというのだ。

 ほかにもSMAP解散によって事務所の屋台骨を支える嵐の存在は大きく、松潤の結婚など認められるはずもないとの理由から、結婚の見通しは"白紙状態"だと指摘されている。

 そもそも個人の意思に委ねられるべき結婚がなぜ、所属事務所幹部の交友関係や事務所所属のグループの動向に左右されなければならないのか甚だ疑問だが、2人の間の"障害"は今回「週女」が報じたような"独立"や"SMAP騒動"だけでは決してない。「週女」ではジュリー氏が2人の交際を認めていたように記されているが、ジャニーズ事務所としては一貫してそれに反対し続けてきたからだ。

 たとえば、14年「フライデー」のスクープより前に「女性セブン」(小学館)が2人の決定的ツーショットを撮影したが、ジャニーズ事務所の圧力で潰されるというトラブルが起こっている。また、交際が公になったあとの14年末の紅白歌合戦で嵐が司会を、井上が審査員を務めた際、井上がコメントをする場面で松潤をはじめ嵐と一切絡ませないという不自然な演出もあった。それほどまでにジャニーズ事務所が2人の関係にナーバスになっていたことの証左だろう。

 実際、これまでにもジャニーズタレントと長期間にわたって交際を続け、結婚目前といわれたカップルは数多くいる。古くは近藤真彦と中森明菜、東山紀之と牧瀬里穂、さらには稲垣吾郎と菅野美穂、長瀬智也と浜崎あゆみ、長瀬智也と相武紗季、森田剛と上戸彩、国分太一とaiko、坂本昌行と中澤裕子......。しかしそのほとんどは、長く待たされた挙げ句、ジャニーズ事務所の強固な反対で結婚できないまま結局は破局に至っている。

 逆に、KAT-TUN田口淳之介と小嶺麗奈、赤西仁と黒木メイサなど、事務所の反対を拒み、交際や結婚を貫いた者は、事務所を追われるという憂き目に遭っている。

 昨年、国分太一が結婚した際、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が各スポーツ新聞などに、「遠慮なく適齢期になったら結婚すべきです。将来(未来を担う)子供も必要だしね。人として当然のことです」といったコメントを寄せて、暗に「ジャニーズ事務所に、所属タレントの結婚を阻む鉄の掟や、事務所の圧力は存在しない」とアピールしていたが、そんなものは建前にすぎない。

「旬のタレントの結婚は認めないというのがジャニーズ事務所の方針です。さらに相手が一般人でなく芸能人だとさらにハードルは高い。結婚できた近藤や東山、国分などにしても絶頂期ではなくアイドルとして"上がった"からお許しが出ただけで、稼ぎ頭の嵐の松潤がそう簡単に結婚できるはずがない」(芸能事務所関係者)

 唯一の例外といえるのが、木村拓哉と工藤静香だろう。もちろんこの際もジャニーズ事務所は大反対し、とくにメリー氏は大激怒、妊娠の報告を受けた際には中絶を説得しようとさえしたといわれる。

 それでも結婚まで辿り着けた背後には、芸能界の力学を熟知した工藤の巧妙な立ち回りがあった。

 2人の交際は当初から異様だった。1999年にキムタクが工藤の実家で半同棲している写真がスクープされると、以降2 人の動向はマスコミにだだ漏れになる。たとえば2000年4月の種子島婚前旅行には総勢100名ものマスコミが種子島に集結したほど。この際工藤サイド、そして大手芸能事務所バーニングから情報がリークされていたのは有名だ。

「当時工藤の事務所は個人事務所ですが、芸能界のドンであるバーニング周防郁雄社長が後ろ盾になっており、キムタクとの関係がマスコミに報じられた際も直後に周防社長に交際を報告、バックアップを頼んだのです」(当時を知る週刊誌関係者)

 これに対しバーニングは全面的に工藤のバックアップを約束する。当時落ち目だった工藤がキムタクと結婚すれば、その商品価値は上がる。くわえて、キムタクの移籍獲得という思惑もあった。

 マスコミ操作も百戦錬磨のバーニングが優勢で劣勢に立たされたジャニーズ事務所だが、こうした事態にさすがのジャニーズ、メリー氏も結婚を認めざるを得なかった。その条件がキムタクが独立しないこと、そして劣勢だったマスコミ対策の主導権を握ることだったといわれる。

 キムタクの結婚は、芸能界の力学を熟知し巧妙に立ち回った工藤の存在なくしてあり得なかった特殊でレアなケースだった。

 一方、松潤と井上といえば、真逆な状況にあると言わざるを得ない。

 松潤は、一度ならず独立を画策したキムタクとは違い、メリー氏の食事会にコンサート後でも駆けつけるなど、事務所に従順だとして知られる。しかもSMAP騒動以降、ジャニーズ事務所のブラック体質への批判が高まっている一方、ジャニーズタレントの間ではむしろこれまで以上にメリー氏やジュリー氏の恐怖支配が強まっているといわれる。

 たとえばSMAP騒動直後の今年3月、第39回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞したには嵐の二宮和也は、ジャニー、メリー、ジュリー氏の名前をあげ感謝の念を伝える異例のスピーチを行ったが、二宮が事務所の空気を察知して、事務所幹部への忠誠を示したものといわれた。また"幹部候補生"滝沢秀明は「週刊文春」9月29日号の直撃取材に対し、「ただの少年が百八十度人生を変えてもらったわけですから、(事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」と言い放ち、これが独立騒動を起こしたSMAPへの批判、そして事務所への配慮だと話題にもなった。そんな恐怖支配が蔓延する事務所で、事務所に従順な松潤が、結婚を言い出すことなどできるのだろうか。

 また井上にしても、工藤のような政治力も、芸能界の後ろ盾もない。しかも気になるのは、事務所を独立したからといって個人事務所を立ち上げた節もなくむしろ芸能活動から遠ざかっていることだ。

「一部関係者の間では、松潤との結婚に少しでも近づこうと芸能界引退も視野に入れているのではないかと囁かれています。一般人になれば結婚の障害が少なくなるという一途な考えなのではと」(テレビ局関係者)

 実際、以前井上は女優と結婚の両立について問われ、「もし好きな人から「辞めてくれ」と言われたら辞めます」と語っていた。かつてマッチとの交際問題をきっかけに事務所から独立したものの、孤立無援になって芸能活動すらままならない状態に追い込まれた中森明菜の例もあり、このまま井上が孤立無援の引退状態に追い込まれないか心配になってくる。

 ジャニーズタレントと真剣に付き合い、結婚を望んだ多くの女性タレントたちが、ジャニーズ事務所という強大な壁に阻まれ、ときには人生さえも狂わされてきた。ジャニーズ事務所の人権蹂躙とも思えるタレントの恋愛、結婚阻止だが、こんなことがいつまでも続くのだろうか。

「週女」によると、それでも松潤は井上に「ずっと待っていてほしい」と言っているというが、果して......。
(林グンマ)