プラヤド・マークセンと並び首位に立ったスティーブン・コンラン(写真提供:PGA)

写真拡大

<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目◇7日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>
 国内シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ」は第2ラウンドを行い、プラヤド・マークセン(タイ)とスティーブン・コンラン(オーストラリア)がトータル9アンダーで首位に並んだ。
シニアオープンを制して笑顔を見せるマークセン
 
 5アンダー・2位タイでスタートしたコンランは前半を3バーディ・1ボギーと首位のマークセンを1打差でピタリと追走。最終18番でマークセンがボギーを叩き、コンランがバーディをもぎ取ったことで首位に肩を並べた。
 「(優勝は)すごく難しいんじゃないかな。マークセンがいるし。彼はすごく良いプレーヤーだよ」と同じ“シニア・ルーキー”の50歳を称えながらも、「勝つためには僕がバーディをたくさん獲ることだね。だんだん調子は良くなっているよ」とシニア初勝利に向けて好調ぶりをアピールした。
 1打差の3位に高島康彰、2打差の4位に渡辺司がつけている。
【2日目の順位】
1位T:プラヤド・マークセン(-9)
1位T:スティーブン・コンラン(-9)
3位:高島康彰(-8)
4位:渡辺司(-7)
5位T:高見和宏(-6)
5位T:山本昭一(-6)
5位T:バリー・レーン(-6)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【コマツOP】高見和宏、久々の会心プレーも立ち塞がるのは“脅威の新人”
【石川遼特別インタビュー#1】主催チャレンジのコースへのこだわり
リョーマコンペで発見!ビートたけしは新シャフト?原辰徳のセッティングは?