総統府提供

写真拡大

(台北 7日 中央社)蔡英文総統は6日、読売新聞のインタビューに応じ、延期となっていた日本との「海洋協力対話」の初回会合を早ければ月内にも開催する考えを明らかにした。

漁業協力や環境保護、海難救助などについて話し合う同枠組みは、4月に沖ノ鳥(日本名:沖ノ鳥島)近海で台湾漁船が日本の海上保安庁に拿捕(だほ)されたのをきっかけとして、5月発足の蔡政権と日本が設立に合意。7月末に初会合が開かれる予定だったが、準備に時間が必要だとする台湾側の申し出により延期となっていた。

総統府によると、蔡総統はインタビューの中で、沖ノ鳥の問題について台湾と日本は若干異なる立場を取っているが、総統として最も関心があるのは周辺水域における我々の漁業権だと強調。もし双方がふさわしいと思うのであれば、今回の協議で取り上げることを強く希望すると述べた。

台湾では、拿捕事件の発生以降、当時の馬英九総統が沖ノ鳥は「岩」であって、日本に排他的経済水域(EEZ)を設定する権利はないと抗議。日本側の主張するEEZ内に巡視船を派遣するなどしていたが、蔡総統は就任した直後に、国連大陸棚限界委員会の決定が下るまでは「法律上の特定の立場をとらない」と表明していた。

(葉素萍/編集:杉野浩司)