いますぐできる! 子どもを高学歴・高収入にする、魔法のテクニック【子育て法まとめ】

写真拡大

親なら誰でも、子どもに幸せな人生を送ってほしいですよね。「そのためには、高学歴がいちばんの近道。学歴がよければ大企業に入って高い収入を得たり、高い学力をいかした職業についたりできるから」と考える人も多いことでしょう。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

「でも頭のよさは、遺伝で決まっているし……」とあきらめ気味のかたもいるのでは?

じつは最近の調査で、遺伝だけでなく育て方も、学歴や収入と関係していることが明らかになったのです。

そこで、高学歴・高収入かつ、幸せな人生を歩める子を育てる親の特徴に迫ります。

高学歴・高収入は生まれたときから決まっている?

子どもには高い学歴をつけさせたい。でも遺伝子でほとんど決まっているから……と、わが子の能力に見当をつけてしまっている人もいるのではないでしょうか?

確かに、たとえば東大生を育てた両親の経歴をみると、親自身もかなりの高学歴だったというのはよくあること。

人は母親由来の遺伝子を半分、父親由来の遺伝子を半分もらってこの世に誕生します。
しかし、「勉強が出来ないのは遺伝だから」と投げやりになることはないようです。

というのも、“学力が高い、低い”は生まれてから後の環境が大きな影響を受けるのだそう。

ーー学力と環境、年収の影響って?

ある調査によると、東大生が育った家庭は経済的に豊かで塾に行っている割合も多くなっているそう。
また、東大生の家庭の年収は950万以上が全体の57%も占めているとする調査もあります。

やはり高学歴かつお金持ちの親のもとに生まれた子どもだけが、高学歴・高収入という栄冠を得られるのでしょうか?

しかし、東大の子の家庭環境を見てみると、「勉強しなさい」と言わないかわりに、自ら学習をするような様々な工夫が見えてきます。

例えば以下、

・親が本好き・テレビがない

・絵本の読み聞かせに喜んで付き合う

・机上の勉強だけではない

・質問してきたら丁寧に答えてやる

どうでしょう? これらの工夫は親の年収に関わらず、どの家庭でも整えられそうですね。

子どもが高学歴・高所得になる親の特徴とは?

では、子どもの学力は必ずしも遺伝だけで決まる訳ではないことが分かったところで、子どもを高学歴・高所得にする子育て法を探っていきましょう。

神戸大学の西村和男特命教授と同志社大学の八木匡教授らは、日本人の子育ての方法が子どもにどのような影響を与えるかについての調査から、子育てのタイプを6つに分類しました。

それは、支援型、厳格型、迎合型、平均型、放任型、虐待型です。

また分析の結果、この6タイプのうち「支援型」の子どもは、高学歴、高所得で、早死にすることも少ないということを発見したそうです。

--理想的!支援型の親って?

支援型の特徴は、次のとおりです。

<支援型>

・子どもを信頼し、子どもに対する関心が高く、子どもとの時間を大切にする。

・子どもをよく観察し、子どもの自主性を重んじ必要なときには手を差しのべる。

・子どもの好奇心を大切にし、子どもの疑問には答ではなくヒントを与えて考えさせる。

・ 生活の中で子どもと一緒にすごす時間を大切にし、ものを与えるより経験を大事にする。

では、「支援型」の親って具体的にどういう事をしているの?

支援型の親に育てられると、子どもは高学歴・高収入なだけでなく、人生に対して前向きで幸福感を感じやすくなるようです。

--実は「厳格型」も高学歴・高所得に!

以前独自に行った「【ママにリサーチ!】子どもの将来を決める子育てタイプ6つ、あなたはどれ?」の調査では、「支援型」に当てはまる親がトップ50%越、そして、2番目に多かったのが「厳格型」で約20%となりました。

厳格型の特徴は以下。

<厳格型>

・子どもに多くのルールを科し、子どもの自主性より親の敷いたレールを歩ませることに重点をおく。

・親の価値観こそが絶対だと考え、それに従わせようとする。

・厳しいルールを与え、子どもの自主性や自立よりも親のいいつけやルールに従うことを大事にする。

・ルールを守り、規則正しい生活習慣を身につけさせる。

厳格型の親に育てられると、学校では行儀もよく優等生になり、平均より裕福になります。でも本人が幸福だと感じることが少なく、ストレスを感じがちになってしまうようです。

今回の調査では、じつに半数が幸福感を感じやすくなるという「支援型」にあてはまっていますが、逆にいうと「厳格型」タイプも含めた残りの半数、2人に1人は、子どもを“幸福感を感じづらいタイプ”にしてしまっているとも言えるようです。

幸福度&学歴の高い子に育てる方法

親のタイプといっても夫婦で異なることも多いかと思います。では、親のタイプや学歴、所得に関係なく「幸福度&学歴の高い子」に育てる方法はあるのでしょうか?

その条件は、たった2つ。

--1. 幅広い経験を積ませる

キャンプで自然とふれあう、コンサートや美術館に行って芸術にふれる……。

このように、「さまざまな経験を積めるように意識している家庭の子どもの学力は、そうでない家庭に比べて高い」というリサーチ結果があり、これは脳科学的にも立証されているそうです。

そして、脳の神経細胞間にあるシナプスの数が増えて発達することで、知識と知識を結びつけて新しいことを発見したり、自分にとって有益な情報を得たりできるそう。

その、シナプスを増やすために必要なのが、「幅広い経験を積む」こと。

逆に、テレビをずっとつけっぱなしにしている、ゲームばかりさせるなど、同じ刺激だけを与えることは、シナプスの発達を妨げてしまうといいます。

--2. 子ども自身が、学ぶことの楽しさを知る

もともと人間には、本能的に“学びたい”という欲求があります。

そんな、学ぶことの純粋な楽しさと、将来の自己実現のために学ぶという意識を子どもに教えるためには、どうすればいいのでしょうか?

そのためには、子どもが興味を持ったことを一緒に調べてみたり、将来何になりたいかを聞いて、必要な体験をさせてあげたりする事などがあげられます。

どちらも、生活の中のちょっとした時間で、お金をあまりかけずに実践可能なことですよね。

過度な期待には注意して!「いい子症候群」の危険

子どものために最適な環境を用意してあげることは大切ですが、同時に注意しなければならないことは、子どもに期待をかけすぎないことです。

「いい子症候群」という言葉をご存じでしょうか。常に親や教師の顔色をうかがい、大人が喜ぶように行動してしまう子。特に長子に多いそうです。

原因のひとつとして、子どもに対する親の期待があげられています。

親の考えを押しつけたり、無理な期待やプレッシャーを与えたりすると、子どもは自分の意思に反してでもいい子を演じてしまうことがあります。

「いい子症候群」になると、子どもがほんとうにやりたいことや素直な感情表現、意見をいうことができなくなってしまいます。


親にとって一番の願いは、子どもが幸せになること。高学歴で高収入であっても、大きなストレスを感じていたり、自分の人生に満足していない所が多いと幸せとはいえません。

日々のやりとりのなかで、「これが子どもにとってベストな支援になっているか」「幸せを感じされられているか」を考えながら接することができるといいですね。