「シンフォニー・イン・ブルー」のスペシャルゲスト、俳優の北村一輝さん

写真拡大

MHD モエ ヘネシー ディアジオ(東京都千代田区)は2016年10月4日、同社が輸入販売するスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー ブルーラベル」のティスティングイベント、「シンフォニー・イン・ブルー」を赤坂プリンス クラシックハウス(同)で開催した。

ジョニーウォーカーは世界で最も飲まれているスコッチウイスキーだ。ゴールドやグリーンなど複数のラベルがある中で、ブルーラベルは最高峰と評される。日本の文化人や芸能人の間でもファンは多い。イベントステージには俳優の北村一輝さんがスペシャルゲストとして登場した。内容量750mlで1本あたり2万円近くするブルーラベル。北村さんはどのようなときに飲んでいるのかと――

「僕のなかでブルーラベルは特別に贅沢なもの。撮影がクランクアップしたり、ひとつの仕事を終えた自分へのご褒美として飲んでいます」

至高の一滴は、壮大なドラマを経て生まれる

ラグジュアリースコッチウイスキーの象徴ともいえるブルーラベル。一万樽に一樽という極めて希少な原酒と類まれなブレンディング技術は、最も複雑でこの上なく芳醇な味わいを生み出す。香りはふくよかでリッチ、少しスモーキー。複雑なテイストは甘くてシルキーとでも言えばいいだろうか。飲んだ後は心地よい余韻がゆったりと長く続く。気持ちよく酔える逸品だ。

今回のイベントは、ブルーラベルの深遠な魅力を解き明かすために開発された革新的なプログラムを、ファンであるゲストに知ってもらうために開かれた。

ブルーラベルの香りと味わい、さらに世界観や歴史までも表現した映像に合わせ、ブランドアンバサダーの金子・亜矢人・ベンツェさんが五感の旅へとゲストを案内する。まるで映像の中にいるかのような感覚に浸りながら、一つひとつ紐解かれていくブルーラベルを象徴する6 つのキーフレーバー。ジャズの演出を加え、6つの楽器の生演奏が、それぞれのキーフレーバーと呼応し次々と展開する。フィナーレでは、すべての音色が重なり心地よいシンフォニーが完成。多彩な個性が絶妙に調和したブルーラベルの香りと味わいとリンクし、会場全体を包み込んだ。

さまざまな映像作品に出演する北村さんも一連の演出に魅入られ、次の賛辞を送った。

「今日はブルーラベルの新しい魅力に出会えて、とても幸せな時間でした」

会場となったのは、グランドプリンスホテル赤坂跡地にオープンしたばかりの「赤坂プリンス クラシックハウス」。80 年以上もの間、多くの賓客を迎えてきた旧李王家東京邸を保存・復原し、東京都の指定有形文化財にも指定されているこの特別な場所が、一夜限りでブルーラベルの世界観一色に。

「シンフォニー・イン・ブルー」のほか、昨年YouTubeで公開されショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2016にてBranded Shorts of the Year を受賞したショートフィルム「紳士の賭け事 供文饗蝓THEGENTLEMAN'S WAGER II)」が上映されたり、作品のテーマにちなんだ、ブルーラベルのボトルを賭けたルーレットなどの催しが行われたりして、ゲストはぜいたくなひと時を過ごした。