面接・プレゼンもばっちり!人前でリラックスして話せる3つの方法

写真拡大

学生でも社会人でも、人前で発表する機会は多々ありますよね。慣れている人に聞くと、こうした機会はなんでもないと言いますが、苦手な人にとってはまさに苦行。何度練習を繰り返しても、いつまでも不安や緊張がつきまとうものです。

ここでは、人前に出て話をするときに心がけたいポイントについてご紹介します。意識を少し変えることで、楽な気持ちで本番に臨めるかもしれません。

■自分が思っている以上にゆっくりと話す

緊張した状態で人前に出て話すと、つい早口になりがちです。普段ゆっくり話す人でさえ早くなるのに、普段から早口の人ならなおのこと。

そのため本番で話すときは、いつもより少し遅く話すことを心がけましょう。自分では普通に話していても、他人が聞くと想像以上に早口に聞こえてしまうものです。そのため、「ちょっと遅いかな」と思うくらいの速さがちょうどいいかもしれません。

慣れないうちは時間が気になるかもしれませんが、まずはゆっくりと話すことに重点を置き、自分のペースをつかむことが大切です。

■「話を聞いている自分」をイメージする

よく「人前で話すときは、自分以外を野菜だと思えばいい」という話がありますが、こうしたイメージトレーニングは意外にも馬鹿にできないものです。しかしここでは野菜ではなく、「自分自身」に話しているのだと意識してみましょう。

そうすることで、他人に話していると思うよりは安心感が生まれます。そして、「自分がどういう状態で話をしているか」ということを客観的に考える余裕が出てきます。「今、ちょっと焦って早くなったな」「この部分はだいぶ自信を持って話せるようになったな」など、落ち着いて考えられるようになるのが大事です。

まずは一人でこうしたイメージトレーニングを続け、慣れてきた頃に親しい友人に練習相手になってもらうといいかもしれません。

■あいまいな語尾を避ける

Business woman giving a presentation

プレゼンでよくあるのが、質疑応答で予想外の質問をぶつけられ言葉に詰まってしまうパターン。急に話を遮られたり、自分が想像していなかった質問が飛んでくると、一瞬頭の中でそれを理解するのに時間がかかってしまいます。そして答える中で、「〜だと思われますが……」「おそらく〜でしょう」といったあいまいな言葉を使ってしまいがちです。

しかしプレゼンでは、歯切れの良さも欠かせません。予想外の質問でも、いかにしっかりと答えられるかが重要です。あいまいな言い方では、相手を不安にさせたり、さらに追及されてしまったりします。

応答のときは、極力「です」「ます」といった“言いきりの言葉”を使うことを心がけましょう。言いきる形をとることで、語尾をすっきりとさせるのです。これは発表原稿を書くときでも重要なポイント。

苦手だからと人前で話す機会を避け続けていると、いつまでたっても上達しないものです。これらのことを意識し、練習するだけでもだいぶ自信がつくはず。少しくらい失敗しても、意外となんとかなるものですよ。

苦手意識を持っていた人も、これからは積極的に面接やプレゼンに臨んでみましょう!