写真提供:マイナビニュース

写真拡大

セブン銀行とセブン・カードサービスは10月17日、電子マネー「nanaco」を搭載した「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」の発行を開始する。

このカードは、「セブン銀行ICキャッシュカード」に、「JCBデビットカード」と、電子マネー「nanaco」を一体化したもの。デビット機能による支払いは、セブン-イレブン、イトーヨーカドーをはじめとする国内外のJCB加盟店で利用でき、利用するごとに「nanacoポイント」が貯まる。特に、セブン‐イレブンで利用した際には利用額の1.5%のポイントが付与されるという。

また、JCBまたはCirrusのマークがある海外のATMで、現地通貨をお引き出すことも可能。さらに、スマートフォン向けアプリ「セブン銀行 アプリ通帳」を併せて利用することで、デビット機能のご利用可能額や電子マネー「nanaco」の残高をすぐに確認できるほか、支払金額や利用した店の名前を照会できるため、家計簿代わりにもなる。

カードデザインは、「スタンダード」「ボノロン」「トラディショナル」の3種類から選べる。「ボノロン」は1枚発行するごとにセブン銀行が100円を拠出し、全国の児童館に絵本を寄贈するとのこと。