京都市伏見区「アーバンホテル京都」。

観光や出張などで幅広く利用できるアーバンホテル京都では、元祖デニッシュ食パンと言われている「京都祇園ボロニヤ」のデニッシュ食パンをモーニングに提供しています。

「京都祇園ボロニヤ」の食パンがモーニングに提供されるのは、ホテル1Fカフェラウンジ「Lavender」。

宿泊プランで「京都祇園ボロニヤのデニッシュモーニングプラン」があり、1名から宿泊することができますが、宿泊しなくてもモーニングのみ(500円・税別)をフロントでチケットを購入すれば食べることができます。

・デニッシュモーニングセット

京都祇園ボロニヤのデニッシュトースト2種類、サラダ、ゆで卵、フリードリンク(コーヒー・紅茶・ジュース)が付きます。

デニッシュ食パンは日替わりで、毎日違う種類のパンが2種類トーストされて提供されます。

・京都祇園ボロニヤのデニッシュ食パンとは?

1979年創業の「京都祇園ボロニヤ」は、世界で初めて「デニッシュ食パン」を考案したお店です。

バターを幾重もの層になるように折込んで作った「デニッシュ」の原形は、元々はオーストリアのウィーンで考案されたものですが、その技術を食パンにするオリジナル技法は「京都祇園ボロニヤ」のもの。

あまりのおいしさに「伝説のパン」と、全国各地で話題になったほどです。

・デニッシュ食パン(プレーン)

京都祇園ボロニヤで長年親しまれてきたプレーンのデニッシュ食パンは、表面はサクッとした食感。

中はしっとりと甘みがあり、香り高いバターが折り込んであるので、何もつけないでそのまま食べても十分おいしいです。

・デニッシュ食パン(抹茶)

プレーンの食パンに抹茶のほどよい風味と甘みが口の中に広がります。

デニッシュ食パンの種類は、チョコ、シナモン、紅茶などがあるそうですので、違う味も食べてみたいものですね。

・フリードリンク

ドリンクは、お代わり自由のフリードリンク制。

コーヒー、紅茶、ミルク、ジュースが用意されています。

実はアーバンホテル京都は、京都観光ランキング第1位にもなった伏見稲荷大社に1番近いホテル。

ホテルから伏見稲荷神社へは、徒歩15分ほどで行くことができます。

アーバンホテル京都で、おいしいデニッシュ食パンを食べて、京都の観光に出かけてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

アーバンホテル京都
住所 京都市伏見区深草西浦町4丁目59番地
ホテルのHP http://uh-urban.com/kyoto/