フォルクスワーゲン傘下でチェコの自動車メーカー「シュコダ」から2016年9月にワールドプレミアを果たした、クロスオーバーSUV『コディアック』。

1

VWが所有する多数のSUVのノウハウを駆使し、これまでのラインナップにはないハイクオリティSUVの誕生となり、シュコダの未来を託されたモデルです。

シュコダCEOのマイアー氏は「SUVの更なる新型モデルを投入する可能性がある」と予告していましたが、その一つの目玉として「コディアック クーペ」の投入計画が発覚しました。

クーペには、スポーティーな専用のフロントバンパー及び、エアインテークを持たせ、Cピラーを寝かせたスタイリッシュなエクステリアが特徴です。

最大7名の乗車定員となる「コディアック」に対しクーペは2列5名の乗車定員となります。

パワートレインはVWの2リットル直列4気筒「2.0TSI」エンジンの搭載が見込まれており、最高馬力は200psが予想されます。

ワールドプレミアは2017年秋頃が有力と見られています。

(APOLLO)

VW傘下のシュコダ「コディアック」にクーペモデル計画が発覚!(http://clicccar.com/2016/10/07/404582/)