あの小林市で「生駒高原コスモスまつり」 ライトアップやキャンドルで幻想的なナイトイベントも

写真拡大 (全2枚)

 「遠えも遠え フランスから 来っしもた おいにゃあ 小林ちゅうとこは じょじょなとこじゃっち おや思たっどん」まるでフランス語のように聞こえる西諸弁で移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」を制作し話題になった宮崎県小林市。

 その小林市の南西部、霧島連山の麓に広がる生駒高原で「コスモスまつり」が10月23日まで開催されている。色鮮やかな約100万本のコスモスと霧島連山の絶景が楽しめるという。

 さらに、ナイトイベントも企画されており、ライトアップとキャンドル、灯籠による幻想的な空間が出現する。日替わりのライブステージや花火、レーザーショーも用意されているので、ぜひチェックして出かけたい。ナイトイベント「ナイトコスモス」は10月8日から10日の3日間。「akali to 音Fes(あかりとおとフェス)」は10月15日と16日に開催される。

「花の駅 生駒高原」
住所:宮崎県小林市南西方8565
入場料:高校生以上520円、中学生300円、小学生以下無料