写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サテライトオフィスは10月7日、「シェアリングエコノミー」関連のサイト構築パッケージにおいて、日本語、英語、中国語に続き多言語化の一環として、韓国語を追加したと発表した。

同社は、シェアリングエコノミーパッケージとして、ユーザー管理、提供サービス・リスティング管理機能、オーダー管理、FAQ 管理機能、システム運用管理、オンライン決済機能などを提供する。