どうやって食べるの? 旬のいちじくアレンジ4選

写真拡大 (全2枚)

いまの時期お店でよく見かけるフルーツ「いちじく」。食べたことがあっても自宅で料理して食べたことはない、という人も多いはず。いちじくの旬は6〜10月と長めなのですが、冬に差しかかる前のいまがちょうどおいしいとき。
そこで今回はいちじくのアレンジアイデアを、インスタグラムからいくつかピックアップしてご紹介します。
忙しい朝にトーストアレンジ

渚さん(@rin1111rin)が投稿した写真 - 2016 10月 2 4:28午後 PDT

忙しい朝時間、パパッと簡単でおいしくできちゃう食べかたがコレ。トーストの上にのせるだけです。それ以外のトッピングはお好きに。こちらはナッツとはちみつがかかっていて、甘みたっぷりでおいしそう。食物繊維が豊富なので便秘にも効果的。ヨーグルトとからめて食べるのもおすすめです。
一気におしゃれになるサラダアレンジ

ruriko shimamotoさん(@rusan285)が投稿した写真 - 2016 10月 1 5:30午後 PDT

生野菜たっぷりの上にいちじくをのせたサラダアレンジ。緑の上にいちじくの赤がのると、それだけで一気に華やかに。おもてなしにもピッタリです。こちらは生ハムとほかのフルーツがのっているのでさらに色鮮やかに。サラダの上にのせるだけなのでとても簡単ですが、同じ赤でもトマトを飾るよりいちじくを飾ったほうがよりおしゃれに見えます。おいしいオリーブオイルとバゲットがあれば、休日のブランチは完璧かも。
チーズとの相性も抜群なファルファッレ

sachiさん(@sachi825)が投稿した写真 - 2016 9月 28 10:45午後 PDT

甘いいちじくをメイン料理にするのは難しい、と感じる人もいるでしょう。こちらはゴルゴンゾーラといちじくを混ぜたファルファッレ。チーズの塩味といちじくの甘みが絶妙にマッチする一品です。ワインとの相性も抜群。いちじくには酵素が含まれており、お酒を飲んだあとに食べると二日酔いになりにくいとも言われています。ちょっとしたおつまみにもピッタリでおすすめです。
栄養たっぷりのスムージー

@m_a_y_0610が投稿した写真 - 2016 9月 9 3:42午後 PDT

いちじくはスムージーにもおすすめ。「不老長寿のくだもの」と言われるほどミネラルや酵素などが豊富ないちじく。皮まで入れるとさらに栄養価が増します。女性ホルモンに似た植物性エストロゲンが含まれているのも、女性にうれしいポイント。豆乳やりんご、キウイなど初心者の人は飲みやすいものから組み合わせていきましょう。
おいしくからだにうれしい効果がたくさんのいちじく。アレンジ次第でいろいろな食べかたが楽しめます。自分にピッタリな味わいかたを見つけたいところです。
photo by PIXTA
あわせて読みたい
・ニューヨーカーを虜にする「赤いクロワッサン」
・リベンジできそ。お湯をそそぐだけ、うまみ凝縮ブロススープ
・フライパンonlyでこんなにおいしいごちそうレシピ

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。