【コラム】本田・岡崎・香川が不在の中で掴んだ勝利 清武らロンドン五輪世代が奏でる新たな“鼓動”

写真拡大

 気がついた時には、喜びを爆発させながら日本のベンチへ駆けていくMF山口蛍(セレッソ大阪)の背中を必死に追いかけていた。

 イラク代表を埼玉スタジアム2002に迎えた6日の2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第3戦。1−1の膠着状態が続いたまま、「6分」と示された後半アディショナルタイムが5分台に入った直後に奇跡のドラマは幕を開けた。

 パワープレー要員として前線へ上がっていたDF吉田麻也(サウサンプトン)が粘って獲得した直接FKのチャンス。左コーナーフラッグ付近からゴール中央へ蹴り入れたクロスが、相手選手に弾き返されるのを見たMF清武弘嗣(セビージャ)は次の瞬間、“夢の世界”へと引きずり込まれる。

「こぼれ球に行こうとして、ホントに一瞬だったので。うれしすぎて何だか分からないです。ホタル(山口)に抱きつきに行ったのは覚えていますけど」

 セカンドボールに誰よりも早く反応し、ペナルティエリアの中へ駆け上がってきた山口が迷うことなく右足を振り抜く。ダイレクトで放たれた強烈な一撃が、日本代表にとって“特別な意味”を持つ勝利を手繰り寄せた。

 負けはもちろん、引き分けでも指揮官の進退問題に発展しかねない正念場。日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「4−2−3−1システム」を継続させた一方で、攻撃の要となるトップ下を香川真司(ドルトムント)から清武へと代えた。

「清武は(セビージャで)プレー時間が短い現状があったが、(香川)真司よりも1日半早く帰国したアドバンテージがあった」

 清武が予定を早めて直前キャンプ初日の2日から参加したのに対して、香川の帰国は3日。時差ボケと長距離移動による疲労を取り除く時間があったことが重視されたのか。清武は最後までピッチに立ち、香川は自身3度目のワールドカップ・アジア最終予選で、負傷欠場を除いて初めて出番なしに終わった。

 この試合では75分にFW岡崎慎司(レスター)がFW浅野拓磨(シュトゥットガルト)と、81分にはMF本田圭佑(ミラン)がFW小林悠(川崎フロンターレ)との交代でそれぞれベンチに下がる。必然的に残り9分間プラス、アディショナルタイムは国際Aマッチにおける合計出場数が「269」に、合計ゴール数が「112」に達する本田、岡崎、香川の3人がピッチ上からいなくなった。

 2010年9月に発足したザックジャパンで、3人はそろってレギュラーの座を不動のものとした。翌2011年1月にカタールで開催されたアジアカップから香川は「10番」を託されるなど、いわゆる“ビッグ3”は攻撃陣をけん引しながら、ハイペースでゴールを積み重ねてきた。そしてアギーレジャパンを経てハリルジャパンに変わる過程で戦ってきた公式戦−−つまりワールドカップのアジア予選やアジアカップ、コンフェデレーションズカップで、3人のうち誰か一人を欠いた陣容で3人以外の選手がゴールを奪い、白星をもぎ取ったケースは一度もない。

 指揮官が代わる中で、いつしかA代表内における選手のヒエラルキーが固定されていたことを物語るデータ。それだけに時計の針を自分たちの力で動かした実感があったのだろう。イラクを突き放した劇的ゴールを、清武は感無量の表情を浮かべながら「試されていたと思う」と振り返る。

「常に3人が引っ張ってきたチームで、(彼らが)誰もいなくなった中で取れた1点は、チームを底上げするためにもすごく大事なゴールだった。ワールドカップに行くために、引き分けじゃなくて勝てたという意味でも大きな1点だったので、ホント、ホタルに感謝です」

 言うまでもなく、試されたのは代わりにピッチに立った選手たちの力となる。清武自身、アジア2次予選を戦っていた昨秋から「ハリルジャパンのトップ下を担いたい」と公言してきた。C大阪時代にエースナンバーの「8番」を受け継ぎ、今も畏敬の念を抱きながらその背中を追う香川への挑戦だった。