心配される子どもの近視の低年齢化。原因と予防法は?(※イメージ写真)

写真拡大

 学校から届いた眼科検診の結果を見てびっくり! いつの間にか我が子の視力が下がっていたなんてこと、ありませんか? 『AERA with Kids 秋号』(朝日新聞出版)では小学生の近視の原因とその予防法、対処法について詳しく調査しています。

*  *  *
「昔から近視は遺伝と生活環境に起因すると言われてきました。しかし最近は、生活環境が原因で近視になる子どもがより一層増えています」と指摘するのは、眼科専門医の林田康隆先生だ。

 ある実験で、外での作業を増やしたグループと、部屋での作業を増やしたグループに分けて視力の差を調べたところ、外で遊んだ子どもは近視になりにくかったという結果が出たそうです。

「研究者の考察は、外遊びで屋外光、つまり太陽の光を浴びることで、視力にも関係のある成長ホルモンの分泌が促進され、近視化が抑制されるのでは? ということでした。ただ、外で遊ぶと遠くに視線が飛ぶ、いろいろなところにピントを合わせるといった点が、目のために良かったとも考えます。いずれにしても屋外で遊ぶということは子どもにとって非常に大事なのです」

 ではなぜ近くばかり見ると、近視になりやすいのでしょうか?

「目の奥行きの長さを眼軸長(がんじくちょう)と呼びますが、近視の原因はこの眼軸長が伸びることと言われています。近視の遺伝がある場合、もともと眼軸長が長くなるほか、長時間近くを見ることでも眼軸長は伸びるとされています。また、子どもは筋肉が敏感なので、近くを見ることで目の周りの筋肉が緊張し、一時的に視力が低下することも。これを仮性近視と呼びますが、この状態が続くと、本当の近視になってしまうこともあります」

 とはいえ、現代社会で、近くを見る作業を避けるのは子どもといえども至難の業。だからこそ、作業の合間に遠くを見る習慣をつけたり、目を意識的に動かしたりして、近視の進行を予防していくことが大事、と林田先生は言います。

 では、実際に近視になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

「子どもが快適な学校生活を送るためにも、きちんと『見える』ようにすることが大切。視力が低下したら、メガネは必ず1本持っておきましょう」と話すのは、東京・自由が丘にあるおおたけ眼科院長の工藤麻里先生。

 最近気になるのは、視力が低下する児童の低年齢化。メガネが必要な児童は1、2年生からチラホラ、3年生から急激に増えるようです。

「眼軸長が長くなることが近視の原因のひとつですが、成長期は身長などと共に眼軸も成長するので、近視も進みやすくなります。そのため、これ以上近視が進行しないようにすることも重要。眼科でも、近視の進行抑制効果がある『MCレンズ』を利用したメガネをすすめることもあります」

 ただ小学生でも、スポーツやバレエを頑張っているなどの理由で、メガネを嫌がる子もいるでしょう。小学生からコンタクトレンズを利用することはできるのでしょうか?

「目の角膜の内皮細胞は成長期が終わるまでに約3000個に育ちます。その際必要なのが、角膜の酸素交換。ソフトコンタクトレンズは角膜の酸素透過率が低く、酸素交換を妨げる懸念があります。一方ハードコンタクトレンズは酸素透過率は高いのですが、レンズが取れたり、割れたりする心配があり、レンズのケアも小学生には難しいかもしれません」

 コンタクトレンズは高校生位から使用するのがベター。ただ、中学生でもスポーツするときだけ、というように短時間の使用なら問題はありません。

 それでもメガネは嫌だという小学生には、「オルソケラトロジー」というものがあります。

 これは、就寝時に特殊なハードコンタクトレンズをつけることで視力を一時的に矯正するもの。日中は裸眼で過ごせるというのが最大のメリットです。視力が0.1の子でも、1.2くらいに上がるケースもあり、視力低下の進行を抑制する効果もあるといわれています。

 オルソケラトロジーの特徴を3つにまとめると、以下になります。

(1)成長期の子どもは近視が進みがちだが、その近視の進行を抑制する効果がある。

(2)コンタクトといえど、夜つけて、朝外すだけなので、親が家で管理でき、紛失や破損の心配が少ない。

(3)元の視力が回復するわけではないので、夜間コンタクトをつけて矯正しないと視力が戻ってしまう。

 また、オルソケラトロジーは、自由診療になるので、費用はさまざまです。

『AERA with Kids 秋号』では、そのほかに、目をリラックスさせる眼トレや、視覚機能を回復する食材なども紹介しています。親子で目の健康について考えてみてはいかがでしょうか?