羽鳥慎一アナが韓国人への差別発言に苦言「本人に悪意がないとしても」

写真拡大

7日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、羽鳥慎一アナウンサーが韓国人への差別発言に苦言を呈した。

番組では、冒頭から「炎上 高速バス乗車券に“差別言葉”!? 韓国で批判殺到」と題して、この話題を取り上げた。今年4月、大阪に来た韓国人観光客が高速バスのチケットを買った際、「キム」と名乗ったところ、係員から名前の欄に「キム・チョン」と差別的な意味にも取れる言葉を書かれた、という。

この問題は、韓国メディアでも取り上げられ、「絶対に許せない」「日本人は礼儀正しいと思っていたのに」「日本に行こうと思っていたけどやめた」などと批判が相次いだという。

一方、チケットを販売した阪急バスは、「(販売した従業員は)差別的と言われている言葉の意味を理解していなかったし、多くの人に対応するため、当時のことは覚えていません」と回答後、謝罪したとのことだ。

これに羽鳥アナは「仮に打ち込んだ本人に悪意がないとしても、されたほうが感じれば差別になります。気をつけたほうがいい」と注意を促した。

韓国人観光客をめぐっては、先日、大阪の寿司店で大量のわさびが入った寿司が出された「わさびテロ騒動」があったばかりだ。

【関連情報】
韓国YTNテレビのニュースサイト

【関連記事】
江原啓之氏が外国人への“わさび寿司”を痛烈批判「やりすぎ、ありえない」
石原良純が「ワサビ寿司」騒動を煽る一部ネット民に懸念
フィフィ 韓国人犯罪の報道に配慮する日本メディアに苦言「これこそヘイト」