小木博明が日本に敗れたイラク代表に同情 誤審疑われるシーンをカット?

写真拡大

6日深夜放送の「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、おぎやはぎの小木博明が、ロシアW杯アジア最終予選で日本代表に敗れたイラク代表について「かわいそう」と同情してみせた。

同日夜、サッカー日本代表はアジア最終予選において、イラク代表を2対1で下している。イラク代表のラディ・スワディ監督は試合後、「(敗れたのは)我々のせいではなく、ジャッジのせいだと思う」とコメントし、自軍敗北という結果に不信感をあらわにしている

小木はこの試合結果を持ち出し、前半に日本代表が決めた最初のゴールはオフサイドであり得点は誤審ではないか、と指摘した。小木は当時、テレビに向かって「オフサイド!」と叫んだそうで、得点後のリプレイに対しても「もう完全なオフサイドなの!」と、興奮ぎみにコメントする。

しかし、日本代表に有利にはたらく判定だっただけに、中継では誰ひとりとしてそのことを指摘しなかったそう。小木は、イラク代表がかわいそうだと感じつつ、試合を見守っていた。すると、得点に繋がったパスシーンのリプレイを流す際、選手のオフサイドが完全に分からないような方向から見せるようになったという。

そこで、小木はテレビを消して、そのまま寝たそうだ。「すごいかわいそうになっちゃって、イラクが」と、当時の心中を明かしていた。

【関連記事】
おぎやはぎ・小木博明が藤原紀香の「芸の肥やし」発言にツッコミ「ズルい」
小木博明 AKB48・小嶋陽菜を「尻軽」「高級コールガール」呼ばわりする一幕
小木博明 銅メダルを謝罪した日本柔道の選手に放言「金以外は謝って」