写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットワンパートナーズは10月、日本アバイアとディストリビュータ契約を締結し、モバイル利用にフォーカスし運用管理が容易な、中堅・中小企業向けUC(ユニファイド・コラボレーション)ソリューション「Avaya Office」を、パートナー企業経由で販売開始すると発表した。

「Avaya Office」は、「スマートフォンやタブレットによるモバイル利用にフォーカス」「運用管理が容易で専門知識が不要」という2つの大きな特長がある中堅・中小企業向けに導入しやすくしたパッケージソリューション。

モバイル利用については、基本的な電話機能に加え1台の端末で外線・内線双方を利用でき、固定電話に依存せずに、スマートフォンを中心としたコミュニケーション環境を実現可能。さらに、スマートデバイス上で、各種電話機能/ビジネスチャット/プレゼンス/電話会議などのUC機能全てが簡単な操作で利用できる。

また、運用管理については、ユーザの追加・変更・削除などのほとんどの設定がWeb上のGUIで直感的に操作可能で、PBX(構内交換機)の専門知識や専任のIT運用担当者が不要で、作業負荷や運用コストも削減可能。

ネットワンパートナーズは既に、大規模企業向けにシスコシステムズのUCソリューションを提供。今後、中堅・中小企業においてもワークスタイル変革の需要拡大を見込んでおり、「Avaya Office」を取扱いポートフォリオに追加することで、顧客の要望に適したUCソリューションを提供していく。