彼と付き合い始めて3か月。
でもデートしたのは、たったの3回だけ。
連絡もたまにしか来ないし、これってもしかして都合のいい女になってる?

彼との関係に疑問を抱き始めているなら、おそらく彼もあなたとの恋を自然消滅で終わらせようとしているのかもしれません。

きちんと付き合ってくれない彼を追っかける必要もありません。

そこで今回は、彼との恋が自然消滅しやすい女性の特徴をご紹介いたします。

常に連絡をとっていないと不安

彼氏ができた瞬間に乙女モード全開になり、誰とどこで過ごそうとも、常に携帯をチェックしてその場で返信しようとする女性がいます。たとえ目の前で友だちがつまらなさそうにしていても、お構いなしに返信をし始める……。

しかし、彼からしてみれば、そこまで返信をしてほしいとは思っていないかもしれません。
むしろ、すぐに返信が来てしまう状況に負担を感じ、ますますあなたに連絡をしようとは思えない可能性もあります。

彼のことがどんなに好きでも常に連絡をとると相手は負担を感じ、少しずつ距離を置かれることになるでしょう。

彼しか目に入っていない

彼が風邪を引いたと聞けば「行っても平気?」とお伺いをせず突撃訪問。
薬や熱を冷ますシートを大量に買い込んで、もうそれは奥さんになったような気分。
しかし、彼からしてみれば、具合が悪いときだからこそ、許可なくいきなり来られても迷惑と思う可能性もあったりなかったり……。

彼に尽くすことは決して悪いことではありません。

ただ彼のために仕事を中途半端にしたり、友人との用事をキャンセルしたりと、他の時間を犠牲にしてまで尽くしているなら、それはちょっと問題あり!

彼は自分に対して異様に執着している彼女をとても愛おしいとは思えません。
その結果、距離を置きたいとも言えずになんとなく連絡する頻度を下げて、自然消滅を狙っていくのでしょう。

いきなり感情を爆発してしまう

彼に対する不満があったとしても「伝え方」が大事になってきます。

どうしてもLINEで伝えなければいけない場合は、一度、メモ帳かなにかで文章を整理してから、送る必要があります。

怒りスイッチが入ったまま、ポンポンとメッセージを送ると、受け取る相手によっては、そんなあなたを面倒くさいと感じるでしょう。

自分が感情を爆発してから明らかに連絡の頻度が下がってきてしまっているなら、彼はあなたと距離を置きたいと思っているのかも……。

お母さんのように指導してしまう

彼の働き方・態度に対して文句が言いたくなるときもあるでしょう。

特に同い年ではなく歳の差があって、彼が年下の場合は「もうちょっとしっかりしてほしい」という気持ちがおさえきれずに、いろいろと小言を言っていませんか?

しかし彼からしてみれば、小言を言ってくる彼女を母親のように感じてしまい、なかなか恋愛感情をキープすることができなくなってしまいます。

仕事に対する態度を注意してしまった日には、態度にあらわさないだけであって、もしかしたら内心は「うるせーな!」と思っているかもしれませんね……。

過干渉は自然消滅の道を進めます。

自然消滅されたくないなら彼とは自立した関係で

毎回、自然消滅で恋が終わってしまっているなら、それだけあなたが歴代の彼に対して尽くしすぎているのでしょう。きちんと連絡をして、デートもする関係になるためには、お互いに自立した関係でいること、そしてお互いにがんばっていることには口をださないことが大切。

今度こそ幸せな恋をするためにも、恋愛体質を少しでも改善できるように過去の恋愛がなぜ失敗したのかをきちんと分析しておきましょう!