モンスターズ・インクのマイク “ご当地ストラップ” 大阪バージョンが謎な件 / 大阪のおっちゃんとおばちゃんって…

写真拡大

ハローキティをはじめ、その土地でしか買えないいろんなキャラクターグッズが販売されています。たとえば、名古屋だったら金のシャチホコ、京都だったら八ッ橋など、それぞれの名物とコラボしていておみやげ感がいっぱいですヨネ!

このほど、大ヒット映画『モンスターズ・インク』のキャラクター、マイクのご当地ストラップが発売されました。なんだかお茶目でキュートだけれど、大阪バージョンは……マイクが「おっちゃん」と「おばちゃん」になってて謎(笑)。

【マイクが日本にやって来た!?】

現在、11地域24種類が販売されている「マイクご当地ラバーマスコット」。ラインナップされている地域は宮城、芦ノ湖、富士山、伊豆・箱根、静岡、飛騨、名古屋、京都、大阪、岡山、沖縄です。

人間の世界につながる『モンスターズ・インク』のあのドアから、マイクが日本にやって来たという設定のようです。両面立体仕様で、前から見ても後ろから見てもかわいいデザインになっています♪

【いろんな名物に変装しているよ!】

マイクは、人間の子どもを驚かせようと、いろいろなものに変装しています。例えば、沖縄ではパイナップルやシーサー、静岡ではイチゴやミカン、伊豆・箱根では温泉饅頭になってるんだよぉ〜!!! うん、うん、分かる、分かる。

でも……大阪バージョンは、虎カラーのはっぴを着た「おっちゃん」と、紫パーマでアメちゃんを持った「おばちゃん」という謎のチョイス。そして大阪と言えばの、たこ焼き。たこ焼きは分かるけど、「おっちゃん」と「おばちゃん」って大阪名物なのかな……マイク、ちょっとズレてるよ! それじゃあ、子どもがビビっちゃうよ!

今後もラインアップは続々と増えていくとのことなので、日本のどこにマイクがやって来るのか楽しみ。観光地のおみやげもの屋さんなんかでチェックしてみるといいかもです♪

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る