写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、ローランド ディー.ジー.(以下、ローランドDG)に同社「ECOAS」シリーズ「ECOAS 経費・旅費精算」の導入成果を事例として公開。月間150時間超を超えるコスト削減を達成したことを発表した。

ローランドDGは、シンセサイザーや電子ピアノやギターアンプやDJなどプロ御用達の電子楽器の数々を世に送り出すローランドの関連会社として1981年に設立。現在では、高性能な商用大型カラープリンタや3D工作機器と最先端技術を用いたコンピュータ周辺機器の製造を手がける。

このローランドDGが、月間150時間の作業コスト削減に成功したことをアルプス システム インテグレーションが発表した。ALSIは、製造流通ソリューション、セキュリティソリューション、ファームウェアソリューションと3つのソリューションを核としてサービスの提供を行っている。今回同社は、ローランドDGに製造流通ソリューションである「ECOAS」を導入した。

同社Webサイトには、その事例が掲載されているが、導入前は、部下であるユーザーが紙の出金伝票に手書きで記入し、上長へ提出し、上長が承認したあとは、財務課のチェックを経て経理課がすべて手入力。精算時には財務課が現金を袋詰めして各自に手渡しする。

伝票は国内出張/海外出張、法人カード使用時/個人カード使用時、仮払いと何種類もあり、申請時と精算時で提出まで異なるため、ユーザー、上司、各部門と大変神経を使うフローを行っていたという。刻々と迫る締め切り時間、どこに聞いてもわからないと言われてしまう焦燥感。最終的には自腹を切るしかないという状況に追い込まれてしまう。そんな経験は無いだろうか?事前に予測されるフローがシステムで固めてあれば、そんな状況に煩わされ、悩まされる必要もない。

「ECOAS」は、ERPとデータ連携を行う基幹システムのフロントソリューションに位置する。intra-martでの経費・旅費精算、SAPへの会計伝票申請やマスタ登録ワークフローなどIT基盤に合わせた業務改革を、製造・流通系SI企業として20年以上の実績を持つ同社がサポートする。

ローランドDGは、このALSIの「ECOAS 経費・旅費精算」を導入。導入後は、財務・経理部門で約510時間/年、総務・人事部門で約1,000時間/年と管理部門だけで1,500時間/年の負荷低減を実現。全体で月間150時間もの作業にかかるコスト削減に成功したという。

導入事例には、過去の苦労から解放された率直な実感や導入にあたっては、社内の規定やルールを見直し改訂が最も大変なことで、細心の注意が必要であること。などの参考になる情報が数多く掲載されている。働き方の改革がいかに重要であり、またそう容易くも無いことも読み取れる。

(長岡弥太郎)