ランチタイムが評価の分かれ目!?上司とのランチ場所を選ぶときのポイント

写真拡大

上司とのランチは、あなたの評価を上げるための絶好のチャンスです。そのために重要なのがお店選び!そこで今回は、上司とのランチでお店を選ぶときに気をつけなければならないポイントを紹介します。

■ お店選びを任されたらどうする?

◎ まず上司の意見を聞く

まずは上司の希望を聞きましょう。上司からお店候補が出てこない場合は、「今日は暑いからさっぱり系ですかね?」というように、上手に提案するのも手です。会話しながら合意が取れる形に持っていくことができればベストです。

◎ お店候補を複数提示せよ

具体的にお店を提案をするときは、3店ほど選択肢を提示することをおすすめします。その際には必ずおすすめポイントを説明すること。最終判断を任せられたとしても、上司の反応がよかったお店を選択すれば間違いないでしょう。

■ 具体的にこんなお店を提案すべし

◎ 過去に上司に連れて行ってもらったお店を選ぶ

手堅く攻めたい方におすすめなのが、過去に上司に連れて行ってもらったお店を選ぶという方法。「前に連れてきてもらって、とても美味しかったので」なという一言プラスすれば、上司から「かわいい部下」と思ってもらえるかもしれませんね。

◎ 時間がかかりすぎるお店はNG

ランチタイムは時間に余裕がありません。あまり混雑するお店や、着席してから料理がでてくるまでに時間がかかりすぎるお店はおすすめできません。味も大切ですが、余裕をもってランチができるお店を選びましょう。

◎ 初めて行くお店を選ぶ

ついつい自分の知っているお店を選びたくなるものですが、一度も行ったことがないお店を選ぶのも一つの手です。「自分も行ったことないのですが…」という前置きをしていくと、ワクワク感を上司と共有できます。仮にそのお店が"ハズれ"だったとしても「あの店失敗でしたね!」と笑い話に転換しやすくなります。

◎ 上司のことをどれだけ知っている?

いかがでしたか?急なランチのお誘いにも対応できるように、普段から上司の話にきちんと耳を傾けておきましょう。食べ物の好みはもちろん、「最近なににハマっているのか」「健康状態について気をつけていることはないか」など、普段の会話の中で情報を収集しておくことが肝心です。上司の基本情報を踏まえた上でお店を提案をすることができれば、「こいつはおれの話を聞いているな」と上司からの信頼感がUPするかもしれませんよ。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・LS2016 編集:nanapi編集部)