6日、韓国メディアによると、今年に入り北朝鮮のエリート層の脱北が相次いでいることについて、韓国の統一部が「金正恩体制に亀裂が生じていることは確かだ」と明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は北朝鮮。

写真拡大

2016年10月6日、韓国・聯合ニュースによると、今年に入り北朝鮮のエリート層の脱北が相次いでいることについて、韓国の統一部が「金正恩(キム・ジョンウン)体制に亀裂が生じていることは確かだ」との考えを明らかにした。

統一部当局者は6日の会見で、「一部エリート層の脱北を金正恩体制の亀裂の兆候とみることができるか」との質問に対し、「政治学で体制崩壊の6段階の中に指導層の崩壊があるが、量的、質的な面から見て、最近の北朝鮮のエリート層の脱北を“深刻な崩壊の兆候”とみることは難しい」と述べた。その上で、「ただ、金正恩体制に亀裂が生じていることは確か。崩壊につながる“引き金”になるかどうかは、もう少し見守る必要がある」と明らかにした。

これに、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「それは韓国の希望でしょ?」
「どの国においても、国が滅びる前には必ずエリート集団の脱出がある。金正恩政権も必ず崩壊する。韓国政府は一丸となって準備をして、統一の機会を逃してはならない。統一されれば職が増え、韓国の第2の経済成長が期待できる」

「金正恩を嫌う幹部らが全員脱北したら、金正恩政権はより強固なものになるのでは?脱北ではなく、金正恩に戦いを挑まないと!」
「笑わせないで。これまでに韓国から抜け出し、外国に移民した人、国籍を放棄した人の数の方が数百倍多い」

「すごい発見をしたかのように言っているが、みんなが分かっていること」
「金日成(キム・イルソン)が死んだ時も金正日(キム・ジョンイル)が死んだ時も、国民は北朝鮮が滅びると信じていた。“北朝鮮崩壊説”をあと何十年聞き続けなければならない?」(翻訳・編集/堂本)