依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。

彼女の名は、Bana Alabed。その悲痛な叫びからは、死の恐怖がひしひしと伝わってきます。ここでは、いくつかのツイートの中から動画を中心に紹介。空爆の音に肩をすくめる様子を見て、無力感を感じずにはいられません。

「いま、爆弾が落ちてきた」

「ここがウチのお庭。昔はよくここで遊んだの。空爆のせいでもう遊べなくなっちゃった」

「空爆の音が聞こえる。もし生きていられれば、明日もツイートする」

「弟が泣いている。この子が死ぬくらいなら、自分が死んだほうがマシ」

「昨日、爆弾が私のウチのすぐ側に落ちたの。でも、助かった。ホントに奇跡だわ」

「私たちはまだ生きている。こうして朝を迎えられるなんて」

「いま、爆弾が落ちてきた」

「今夜死ぬかもしれない。すごく怖い」

「ここは友達のおウチ。空爆で死んじゃったわ。もう会えないなんて寂しい」

「空爆の音を聞きながら、アレッポの平和を祈るの」

「戦争を忘れるために読書をしているわ」

彼女は母親から習ったという英語で、アレッポの現状をどうにか知ってもらおうと投稿を続けています。だからこそ私たちは、このツイート内容をしっかりと受け止める必要があるはず。

「戦争なんて大嫌い。そして、世界は私たちアレッポのことを忘れてしまった」

Licensed material used with permission by Bana Alabed