6日、2020年東京五輪の追加種目として3大会ぶりに復帰が決まった野球の大会方式が通常の「9回制」に決まったと、韓国・OSENが日本メディアの報道を引用し伝えた。写真は東京オリンピック・パラリンピックポスター。

写真拡大

2016年10月6日、2020年東京五輪の追加種目として3大会ぶりに復帰が決まった野球の大会方式が通常の「9回制」に決まったと、韓国・OSENが日本メディアの報道を引用し伝えた。

報道によると5日、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)幹部の話で、野球は時間短縮のため検討された7回制ではなく9回制で、またソフトボールはこれまで通り7回制で行う方針で固まったことが分かった。野球ではWBSCが大会組織委員会に8チームでの開催を要望していたが、これが6チームに減らされた経緯を踏まえ9回制が維持されることが決まったという。

本来、五輪憲章は出場チーム数について「8チーム以上、12チームを超えてはならない」と定めている。しかし東京五輪から取り入れられる「追加競技」のシステムでは総選手数の上限が500人と決められており、組織委が求めた追加競技数との兼ね合いで、野球は6チームに減らされていた。

参加チームの半数がメダルを獲得する方式には日本の関係者からも疑問の声が上がっていたが、これについて韓国のネットユーザーの間では憶測も広がっているようだ。記事には「どうやったら優勝できるか、日本は頭を使ったな」「やり方が日本らしい。主催国だから当然出場するだろ」「金メダルがそれだけ切実なんだろう。ご苦労なことだ」「ずるい手は最悪の結果を生むものだ」「ここまでしても金メダルが取れなかったら大笑いだな」などの声が寄せられている。

また他には、「一番価値のないメダルだ」「町内野球大会?」「これが五輪なのか?みっともないからやめておけ」「6チームで意味があるのか?実質的に、米国、日本、韓国、キューバの戦いになるだろう」「最低でも『ベスト6』になるのか」など、6チームでの開催に否定的なコメントが多数寄せられた。(翻訳・編集/吉金)