6日、韓国メディアによると、韓国・仁川市の地下鉄やバスを運営する仁川交通公社が、地下鉄の脱線事故を訓練と偽っていたことが発覚し物議を醸している。写真は仁川地下鉄。

写真拡大

2016年10月6日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・仁川市の地下鉄やバスを運営する仁川交通公社が、地下鉄の脱線事故を訓練と偽っていたことが発覚し物議を醸している。

韓国国会・環境労働委員会所属の李貞味(イ・ジョンミ)議員は6日、今年8月7日に仁川地下鉄2号線雲宴駅の車両基地で発生した車両脱線事故の防犯カメラ映像を公開し、「訓練とは思えない火花が発生し、列車が線路からそれる様子が確認できた」と明らかにした。当時、公社側は脱線について「事故ではなくごく少数の幹部のみが把握していた脱線訓練」「実際の状況への対応力を伸ばすため予告なく訓練を実施した」などと釈明、また訓練の映像は存在しないと市や国土国通部に報告していた。

李議員は、「車内にいた作業員も訓練の事実を知らなかった」とし、2号線では7月30日の開通初日から故障が相次いでいたこともあり、「公社が事故を隠蔽(いんぺい)しようとしたもの」と指摘した。これについて公社側は「脱線はあったが被害がなかったため訓練と釈明した」として、虚偽の報告をしていたことを認めた。

報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「韓国は一体どこまでが偽りなんだろう?」
「これはさすがに驚いた。前にも同じようにやってたのかな?」
「うそは良くないけど、訓練でも事故が起こった時のように真剣に復旧に励むのはいいことだ」
「ここまでのうそを堂々とつけるところがすごい」

「偽物を作ることとうそをつくことでは、もう中国の上を行ったな」
「クビにしろ」
「仁川なら十分にあり得る話」
「仁川はまるで魔界。大きな問題が多過ぎて、このくらいの事故なら訓練程度にしか見なされない」

「クリエーティブではある」
「ここまでくると犯罪集団じゃないか?」
「あきれて何も言えない」
「捏造(ねつぞう)、詐欺、歪曲(わいきょく)大国のヘル朝鮮(地獄のような韓国)らしい。今年見た記事の中で一番笑えた」(翻訳・編集/吉金)