納得!? 最下位は香取慎吾「会社員でも成功しそうなSMAPメンバー」1位は

写真拡大

SMAP解散という衝撃のニュースが報道されてから、もうすぐ2カ月。いくつかの報道では、「解散後には、芸能界を引退するメンバーもいるのではないか?」と言われています。

そこで今回『VenusTap』では全国の男女500名を対象に、「今から会社員になっても成功しそうなSMAPメンバーは?」というアンケート調査を実施。その結果をランキング形式で紹介します。

■5位:香取慎吾(66票)

「芸能界の人には、プライベートの連絡先は教えない」、「(僕は)芸能界が作り上げたパーフェクトビジネスアイドル」、「友達は草なぎだけ」といった発言をしている香取慎吾が最下位に。

もし香取慎吾が会社員になったら、「人付き合いが悪くて成功できなさそう」、「芸術家肌っぽいので、サラリーマンに向いてない」といったイメージを持つ人が多かったよう。

また、11歳のときからSMAPとして活動し業界にいる時間が長いため、「40歳を前にしていきなり会社員になれなさそう」という声も。

■4位:木村拓哉(77票)

各メディアで「SMAP解散のきっかけを作ったのでは?」と疑惑を持たれている、木村拓哉が4位にランクイン。木村拓哉ひとりがSMAPのジャニーズ残留を主張したためメンバーと不仲になったと伝えられています。

そのため「会社で孤立しそう」、「身近な人の心を掴むのはヘタそう」という印象がついてしまったよう。

また、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)で演じた型破りな検察官など、これまで演じてきた役柄のイメージからも「会社員には向いていない」という印象を抱かせたのかもしれない。

「キムタクに会社員は似合わない」、「自由なイメージなので、堅い組織に属してもなじめなさそう」といった声も聞かれました。

■同率2位:稲垣吾郎(114票)

木村拓哉・中居正広の“年上組”と、草なぎ剛・香取慎吾の“年下組”を上手につなぐ“パイプ役”を意識して活動していることを、これまで様々なメディアで告白している稲垣吾郎。

SMAPというスーパーグループの、さながら中間管理職のような役割を務めていたことで“調整力”や“交渉術”が培われたでのでは? と考える人が多かったのか、2位にランクイン。

「クールでマイペースな印象だけど、激しく自己主張をしないから敵を作らなそう」、「和を乱すような行動は絶対しないイメージ」といった声も上がった。

<SMAP出演の好きなバラエティ番組投票>

投票後、画面の中の「<」をクリックすると、みんなの投票結果が確認できます。投票画面が表示できない場合はコチラから >

■同率2位:中居正広(114票)

冠番組を多く持ち、大御所芸人とも互角に渡り合う司会ぶりを見せ、芸能人としては誰がどう見ても成功している中居正広。

共演した芸能人たちからは、「中居くんの気遣いは本当にすごい」、「勉強熱心で尊敬する」、「事前準備をしっかりとするタイプ」と称賛されており、仕事熱心な姿勢や、努力を惜しまない性格は会社員としても成功しそうに見えます。

「仕事には真面目そうだし、努力家のイメージ」、「タモリやさんまとの仕事ぶりを見ていると、上司に好かれそうで世渡り上手そう」、「解散報道が出たときに、中居くんの番組だけタイトルから“SMAP”が既に消えてるのをネットで知って、やり手だと思った」といった声を集めました。

■1位:草なぎ剛(129票)

草なぎ剛といえば、高校生で芸能活動をしながら“3年間無遅刻・無欠席”で表彰されたこともあるエピソードがあるように、その真面目さが武器のひとつ。

数年前の『27時間テレビ』(フジテレビ系)でのマラソンで見せた粘り強さなども印象に残っているのか、「会社員になっても、コツコツ地道にやっていきそう」と思われ1位に。

バラエティ番組では、メンバーやゲストからの無茶ブリに笑顔で答えるところをよく見かけますが、そういった“人から愛される”雰囲気も「上司から気に入られて、気づけば会社員として成功してそう」と考えた人が多かったようです。

SMAPが解散したあと、どんな活躍を見せてくれるかまだわかりませんが、芸能界という戦場で25年間第一線を走ってきた力は、どこにいっても活かされるでしょう。

グループ解散後、SMAPの面々がどういった進路をとるのかに注目ですね。