食事デートで男子が「正直しんどい」って思ってる6つのこと

写真拡大

相手に無理して合わせるんじゃなくて、できれば等身大の自分のままで恋愛したい。

理想はそうだけど、どうしても相手の気持ちを振り向かせたくて、ついがんばりすぎてしまうことがあります。

でもそのがんばりが、じつは男性は「しんどい」と思っていたとしたら...!?

今回は、食事デート中に男子がしんどいと思っていることを一挙暴露!

せっかくの食事なのに...

誘ったはいいものの、ダイエット中だからと、全然食べないし飲まない女性とのデート。自分に厳しくダイエットをがんばるのはいいけれど、男性からすれば、せっかくの食事デートでは、一緒に食事を楽しみたいと思っているようです。

「デートってほとんどご飯だから、そこでダイエットって言われると、なんか一緒に楽しめないよね。控えめすぎる食事とかお酒1杯だけとか、なんか仲良くなれる気がしないんだよね」

ダイエット女子との食事に対する男子の本音>>

おしゃれなのはいいけれど...

161006shindoi_2.jpg

食事中も帽子をかぶりっぱなしの女性に、男性はしんどいと感じているようです。おしゃれしたいという気持ちもわかるけれど、男性からは「おしゃれな子」より「行儀が悪い子」という印象が残っているかもしれません。

「つばの広い帽子あるでしょ? おしゃれをがんばってくれてる感じとか、かわいく見せたいっていう気持ちはわかるんだけれど、ごはん食べるときもお茶するときも、ずーっとかぶったままなのはちょっと...」

帽子かぶりっぱなしに対する男子の本音>>

サラダの取り分けって、そもそもアピールなの?

161006shindoi_3.jpg

男性は、サラダを取り分けてくれる女性に好感は抱いても、そこから「好き」とはならないよう。むしろその話題に関して、男性は男性なりの意見があるようで...

「サラダをとりわけると、アピールしてるみたいで嫌だな...とか言う女の子はしんどいね。そんなこといちいち考えない、素直な子がいい」

サラダの取り分けに対する男子の本音>>

「酔っちゃった」にギクッ

161006shindoi_4.jpg

普段はあまりお酒を飲めないのに、好きな男性といると、ついついうれしくて飲みすぎてしまいます。でも男性は「酔っちゃった」と言われると、内心ギクッとするよう。

「お酒を一緒に飲めるのは楽しいしうれしいけど、酔っぱらうまで飲まれると、色々だらしなさそうに見えるよね」

酔った宣言されたときの男子の本音>>

会計時のおごり・おごられ問題

161006shindoi_5.jpg

「おごられて当たり前」という人よりは、「自分の食べた分は自分で払う」というほうがたしかに好感が持てます。でもかたくなに割り勘を主張されるのは、男性はしんどいと思っているよう。

「素直におごられてお礼を言われるほうが気持ちがいいよね。そもそも男はおごる気で誘ってるから、そこで相手に出させるのも悪い気がしちゃうし...」

割り勘を主張されたときの男子の本音>>

いいと思ってやっていたことが、じつは空まわりしていることも。

がんばりすぎずにちょっと肩の力を抜くと、もっと恋愛を楽しめるはず。

写真/Shutterstock、Thinkstock by Getty Images