北欧の玄関口・コペンハーゲンで訪れたい、カフェ&スイーツショップ5選

写真拡大

「北欧の玄関口」として1日に60,000人もの旅行客が利用しているコペンハーゲン国際空港。デンマークの首都・コペンハーゲン近郊にあり、到着してすぐに観光を楽しめます。港や運河の眺めや、緑豊かな公園も多く美しい街並みも魅力です。

今回は街歩きが楽しいコペンハーゲンの中心エリアで人気のカフェ&スイーツショップを5つご紹介します。

憧れブランドの器でお茶。「ロイヤル・スムシ・カフェ」

デンマークを代表する陶磁器のメーカー「ロイヤル・コペンハーゲン」の本社となりにある「ロイヤル・スムシ・カフェ」。カフェで使われている食器はほぼ「ロイヤル・コペンハーゲン」のものなので、優雅な気分でお茶ができます。寿司からインスピレーションを受けた小ぶりなスモーブロー(デンマーク風サンドイッチ)の「スムシ」がおすすめです。

〇Royal Sumushi Cafe(ロイヤル・スムシ・カフェ)
[住所]København Amagertov 6
[電話]33121122
[時間]10:00~19:00(日曜〜18:00)
[定休日]無休

パティスリー&カフェ「コンディトリエット・ラ・グラス」

ヨーロッパ最長の歩行者天国、ストロイエ周辺にある、カフェ併設の老舗のパティスリー「コンディトリエット・ラ・グラス」。小さなシュークリームがトッピングされた「スポーツ」というケーキが有名です。クラシカルな内装の店内で、地元の人に混じってお茶を楽しみましょう。

〇Conditoriet La Glace (コンディトリエット・ラ・グラス)
[住所]København Skoubogade 3
[電話]33144646
[時間]8:30〜18:00(土曜9:00〜、日曜10:00〜)
[定休日]祝日、イースターから9月までの日曜

テイクアウトのパティスリー「ブロムスタベアス」

ローゼンボー公園の近くにある「ブロムスタベアス」は、地元で評判のパティスリー。ホールからカットまで、さまざまなケーキが並びます。ドライラズベリーがかかったケーキ「サラ・バナー」は特に人気だそう。テイクアウトのみですが、地元の空気を感じながら近くの公園や広場で食べるものいいですね。

〇Blomsterbergs(ブロムスタベアス)
[住所]København Grønnegade 43
[電話]26221512
[時間]10:30〜17:30(金曜〜18:00、土曜〜16:00)
[定休日]日曜

カフェ併設のショコラトリー「ピーター・バイアー」

コンゲンス・ニュ広場へ続くストア・コンゲンス通りに面したショコラトリー「ピーター・バイアー」。ヨーロッパ各地で修業したというショコラティエのお店で、市内にはこちらのお店を含む3店舗が展開されています。お隣のカフェはチョコレートドリンクのメニューが豊富で、どれにしようか迷ってしまいます。

〇Peter Beier (ピーター・バイアー)
[住所]København St. Kongensgade 3
[電話]44220355
[時間]10:00〜18:00(金曜〜19:00、日曜12:00〜18:00)
[定休日]1〜9月の日曜

広島発の人気ベーカリー「アンデルセン・ベーカリー」

コペンハーゲン中央駅の目の前にある「アンデルセン・ベーカリー」は日本発のベーカリーカフェ。地元で愛されていて、日本が発祥だと知らない人が多いのだとか。こちらではパンやスイーツ、サンドイッチなどさまざまなメニューがそろいますが、特にデンマークらしいデニッシュ系のパンやボリューミーなサンドイッチがおすすめです。

〇Andersen Bakery(アンデルセン・ベーカリー)
[住所]København Bernstorffsgade 5
[電話]33750735
[時間]6:30〜19:00
[定休日]無休

*****
見どころが多くこぢんまりとしたコペンハーゲンでは、散策が楽しくて時間が経つのも忘れてしまいそう。濃厚な甘さのスイーツやコーヒーで休憩しながら街歩きを楽しみましょう。

ことりっぷの最新記事