乳首のタイプは全部で5つ

写真拡大

知っているつもりでも、じつはまだまだ知らないことが多い女子の体。

とくに女子特有のバストについては謎がいっぱいです。

今回は乳首の話。じつは乳首には、全部で5種類ものタイプがあるって知っていましたか?

意外と知らなかった。5つのタイプ

乳首の5種類のタイプは以下の通り。

ノーマルタイプ

いわゆる一般的な乳首とされているのが、乳頭から数ミリ乳首が出ている「ノーマルタイプ」。

性的興奮や外部からの刺激、気温の変化などで突起が起こるのも、いたって普通のこと。

平面タイプ

乳首が乳頭から先に出ていなくて、外側から見ると平らに見えるのが、「平面タイプ」の乳首。

ノーマルタイプと同じように、性的興奮を覚えたり外部からの刺激を受けたりことで、突起することがあります。

風船タイプ

「風船タイプ」も平面タイプと同じく、乳首が乳頭から出ていません。周りの乳頭がぷくっと膨らんだ風船のようになっているのが特徴です。

陥没タイプ

乳頭が内側に埋まっているのが、「陥没タイプ」の乳首。思春期に乳管が上手く発達しなかったことが原因で生じるとされています。

マッサージや刺激を与えたり、手で引っ張ると出てくる仮性タイプのものと、埋没したままの真性タイプの2種類に分類されるとのこと。

出産後の授乳時に不便というだけで、医学的には何の問題もありません。

ミックスタイプ

片方の乳首がノーマルタイプ、残りの片方が陥没タイプというように、両方の乳首のタイプが異なっている「ミックスタイプ」も、決して珍しくないのだそう。

約4割がノーマルじゃない乳首だった

普段、なかなか他人の乳首をまじまじと見ることってありません。

そのため、映画やドラマ、雑誌のグラビアで披露されている、いわゆるノーマルタイプの乳首だけが「女子の乳首」と認識されてしまいがち。

でも、ある研究によれば、28%〜35%の女子がノーマルタイプ以外の乳首であることが明らかになっています。そのなかでも、陥没タイプの乳首は10%に上るのだとか。

約4割の人がノーマルタイプではないんだと知ったら、なんだか安心できました。

自分が決めつけた「普通」にハマる必要はない

顔や性格のように、乳首にだって個性はあります。

自分が勝手に決めつけた「普通」に当てはまらないから、といって悩む必要はありません。

どんなタイプの乳首だって、個性があるからこそセクシーで魅力的なんです。

[JEZEBEL, Science Direct]

イラスト/ニシクボサユリ

こちらも読まれています

・バストのそげる。たわむ。外に流れる。を食い止めるには?

・Fカップは子猫1匹分! 女子の胸って意外と重かった

・わたしって、もしかしてイタい...? オフィスにひそむ落とし穴 #sponsored