<アジア・パシフィック アマチュア選手権 初日◇6日◇ジャック・ニクラウスGC(7,062ヤード・パー72)>
 優勝者に来季の米国男子メジャー「マスターズ」の出場権が与えられる「アジア・パシフィック アマチュア選手権」が韓国で6日(木)より開幕。その初日、小斉平優和(こさいひらゆうわ)が首位と2打差の2位タイ発進を決めた。
【関連】「日本オープン」組み合わせが決定!松山英樹の同組はなんと…?
 開幕前は「ショットが良くないです。何をしても変わらない…」と話していたが、今日は1番で1mにつけるなどショットが冴えた。「上手く風に助けられただけです」と照れたが、引き続き好調のパターと噛み合い6バーディを量産。ボギーを1つにまとめ上げて、先日の世界アマで個人優勝を果たしたキャメロン・デービス(オーストラリア)に食らいついた。
 そんな小斉平が「ゴルフが変わった」と話すのは、去年琉球ゴルフクラブで行われた石川遼の合宿に参加したとき。スイングや攻め方など様々なアドバイスをもらったが、一番心に残っているのが「もっとゴルフを楽しまないとダメだよ」という言葉。
 「それ以来意識が変わりました。楽しくなったからこそ真剣になりましたね。練習やトレーニングを自分からやるようになったし、嫌々書いていたゴルフノートも自然と書く量が増えました」。ゴルフに能動的になって以降、元々持っていたポテンシャルが本格的に開花。8月に行われた日本ジュニアを制し、この舞台への切符を掴んだ。
 その石川とは来週の「日本オープン」で久々に再会する。「良いところまで行って、良いかたちで会えたらいいなと思います」と小斉平。最高の報告をするためにも、まずは予選ラウンドを好位置で突破したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃ見聞】史上初アマV・畑岡奈紗が纏う“一流アスリートに共通する”感覚<前編>
【辻にぃ見聞】畑岡奈紗が反復性を更に高めるのに必要なのは“力感”のコントロール<後編>