写真提供:マイナビニュース

写真拡大

AIRDOは10月6日、「LINE ビジネスコネクト」を活用した、同社搭乗システムを連携させた新搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」の提供を、10月18日より開始すると発表した。

LINE ビジネスコネクトは、LINEのシステムと利用企業のシステム間において、APIでメッセージなどの送受信を行うことで、企業とユーザーのONE to ONEや双方向のコミュニケーションを可能にするもの。

AIRDOではこのしくみを利用し、AIRDOが開設する公式アカウントでユーザーが友達登録することで、予約照会、スキップサービスに必要な搭乗便のQRコード取得、旅の情報を発信、空席照会・予約、予約確認・購入、運航の見通し、My AIRDO会員ログインの6つのサービスを提供する。なお、空席照会・予約、予約確認・購入、運航の見通し、My AIRDO会員ログインは、既存のMy AIRDOサイトへの誘導により提供する。同社によれば、LINEを利用した予約確認は、エアライン初のサービスだという。

旅のコンシェルジュでは、キーワードと一致した場合、メッセージを送信できる「キーワード応答機能」を活用し、AIRDOが保有する旅に関するさまざまな情報を発信する。

このようなサービスは、他のエアラインでは、スマホ向けの専用アプリを通して提供しているが、今回、同社がLINEのプラットフォームを利用した理由について、AIRDO 代表取締役副社長 草野晋氏は、「専用アプリについては、私どもの規模だと自分達で開発することは難しい。LINEさんのアプリを利用することで、より早く提供できる。他のSNSの場合は情報を発信し、拡散することを目的にしているが、LINEの場合は一人ひとりのユーザーと緊密につながっていけるので、この機能を利用して他のエアラインにはない、きめ細かな、タイムリーなサービスを提供できる。具体的なサービスについては、今後LINEさんと一緒に考えていきたい」と述べた。

また、AIRDO 営業部営業企画グループ 三松貴文氏は、「AIRDO ONLINE Service」を提供する理由について、「画一的なサービス・情報を提供するだけでは顧客満足度を向上させることは難しい。一人ひとりの顧客ニーズにあった情報やサービスを提供するONE to ONEコミュニケーションによってオンリーワンのエアライアンを目指す」と語った。

(丸山篤)