ハンバーグを食べるときは箸?フォーク?

写真拡大

ハンバーグは日本に馴染み過ぎていて洋食なのかどうかわからなくなる食べ物だ。そんな食べ物だからこそ、どう食べるべきか戸惑うこともある。「教えて!goo」の中に、「ハンバーグは 箸?フォーク?」という投稿があった。

■ほとんどの人がハンバーグには“箸”!

「家でのハンバーグなら、箸です。お店でナイフとフォークしかない場合は仕方がないですね」(居候ネコさん)

「箸箸箸! 本来は、フォークでしょうが、上品に食べる程、自分自身の品格を考えると、ズバリ箸! まぁ日本人ですし、箸が一番使いやすいですし、フォークは使い慣れていないせいか疲れます。因みに、スパ、パスタも箸派です」(510322さん)

「私は箸を使います。レストランなどでも箸です。箸を要求します。大体は持ってきてくれますが、どうしてもダメなときは諦めます。フォークだと美味しさが30%減位に感じます。あの金属の感触のせいじゃないかな?と思います」(まさのりりのさまさん)

というように、半数以上の人がハンバーグを食べるときは箸を使っているようだ。ハンバーグはステーキなどと違って、箸で簡単に切れるというのが“箸派”が多い大きな要因だろう。しかしなぜ、洋風の食べ物なのに箸を使うのだろうか。その理由を探ってみると…。

■どちらを使うかは“食器”で決まる!?

「箸を使っています。お茶碗に盛ったご飯で食べていますので」(あさださん)

「和食のハンバーグ定食を食べる時は箸を使って食べます。洋食のステーキハンバーグを食べる時はナイフとフォークを使って食べます」(コクヨウさん)

などというように、全体的に和食器で統一されているか洋食器でまとめられているかで箸を使うのかどうか決まる傾向にあるようだ。また、回答にはなかったが汁物が味噌汁かスープかでも違ってくるだろう。好きな食べ方で食べればいいと思うが、意外と“箸”か“ナイフ&フォーク”、どちらにするか選ぶときには無意識のうちにお皿に合わせて選んでいるのかもしれない。みなさんはどちら派だろうか。

花守深雪(Hanamori Miyuki)