2014年に富岡製糸場が世界遺産に認定され、世界的に注目されている場所となった上州・群馬県。

実は群馬県は知られざるグルメ製造工場がたくさんある場所。

例えば、大人気のガトーフェスタハラダのラスクは高崎で製造されているし、アイスクリームのハーゲンダッツは、群馬県にある工場がライセンス生産しているのだ。

さらに下仁田のコンニャクとネギ、嬬恋のキャベツ、桐生の椎茸、太田市の西瓜など、食材が充実しているため、おぎのやの峠の釜飯やだるま弁当など、美味しい食材をつかった弁当も有名で、別名弁当王国とも呼ばれているのが群馬県なのだ。

そんな群馬県に絶品中の絶品と呼び声高い弁当がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介する弁当「鶏めし弁当」だ。

・昭和9年から販売されているロングセラー弁当、それが「鶏めし弁当」
こちらの弁当が発売されたのは、なんと1934年(昭和9年)。

1934年と言えば、渋谷駅の駅前に忠犬ハチ公像が建立された年。

このお弁当も渋谷駅のハチ公像と同様、多くの人々から愛され続けて、現在もなお、多くの人々の旅行のお供として、美味しい味わいを提供しつづけているのだ。

・充実のごはんとおかずが楽しめる弁当、それが「鶏めし弁当」
この「鶏めし弁当」、たっぷりの鶏のウマミを味わえる充実の内容となっている。

まず鶏だが、鶏そぼろ、鶏モモのスライス、鶏の照り焼きがご飯の上に敷き詰められており、ご飯が見えないほど。

しかもそれぞれの鶏の具は異なる味付けとなっており、鶏そぼろは甘めの味付け、鶏の照り焼きは少し醤油が効いたキレのある味わい、そして鶏もものスライスはそのちょうど中間くらいの味わいとなっている。

そして、鶏の下に敷き詰められたご飯だが、これがまた美味しい。

美味しい鶏のダシで炊かれた茶飯となっており、まさに後引く味わいなのだ。

そして充実のメインに華を添えるのが、群馬県の美味しい食材で作られたおかずたちだ。

群馬県が誇るこんにゃくに、和歌山に次いで生産量2位の梅をつかったかりかり梅、そしてキュウリのわさび漬けに、舞茸入り肉団子、そしてデザートに栗の甘露煮まで入っているのだ。

・あの美食家、山本益博氏も絶賛の弁当、それが「鶏めし弁当」
さらに、この弁当のうまさは、多くの有名人を虜にしている。

あの美食家、山本益博氏も、東京駅の弁当の中でベスト3に入る弁当としてこの「鶏めし弁当」を紹介しているほどだ。

鶏のウマミたっぷりのご飯に、美味しいメインの鶏肉、そして漬け物のさっぱり感や栗の甘露煮に至るまで、その全てが美しいまでに整っているからこそ、80年以上に渡って多くの人々に愛されてきた弁当となっているのだ。

しかもそんな絶品弁当がお値段は1000円を切る、900円で提供されているのだからたまらないのだ。

もし紅葉狩りに出かけるなど、秋の行楽シーズンを楽しむ予定がある方は、群馬県高崎市が誇る絶品の弁当「鶏めし弁当」を片手に、お出かけをしてみてはいかがだろうか?

80年以上に渡って変わらず美味しい味わいを提供し続けてきた弁当には、きっと愛しいほどの美味しさが詰まっているに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

販売場所>>
・JR高崎駅
・東京〜新潟車内
・横川SA(上信越自動車道・下り線)
・高崎弁当株式会社本社
・JR東京駅「祭り」、JR上野駅、JR大宮駅

公式ホームページ>>
http://www.takaben.co.jp/obento/ekiben/torimeshi.html