写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムは10月6日、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年9月度)』の結果をマーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で発表した。調査は9月29日〜30日、15歳〜69歳の男女1,100名を対象にインターネットで行われた。

コンビニエンスストアでの商品代金の支払いに、「現金を使わない」人は12.0%、「現金を使わないことが多い」人は15.2%、「現金で支払うことが多い」人は19.4%、「現金で支払う」人は48.4%だった。

現金で支払う人が半数近くと最も多かった一方で、「現金を使わない」「現金を使わないことが多い」を合計すると27.2%と、約3割の人が現金以外で払うことが多い結果となった。

コンビニエンスストアやスーパーでは現金以外で支払うことが多いと回答した人のうち、「予定外の商品を衝動買いすることが増えた」人は30.3%。また、「ポイントや特典を受ける楽しみが増えた」人は72.6%、「現金以外の決済方法のあるお店を選ぶことが増えた」人は53.8%だった。

直近1年間にネットショッピングをしたことがある人に、ネットショッピング時、主に利用する機器について聞いたところ、「パソコン(デスクトップ、ノート)」と答えた人は61.1%、「スマートフォン」と答えた人は34.0%となった。

ネットショッピング時に「スマートフォン」を利用する女性の割合を年代別に見てみると、10代女性は67.6%、20代女性は62.0%、30代女性は64.8%と、いずれも「スマートフォン」の利用が6割を超えた。

主にスマートフォンでネットショッピングを行うと回答した人に、ネットショッピング時、Webとアプリのどちらを利用するかを聞いたところ、43.1%の人が「アプリの方が多い」と回答し、「Webの方が多い」(32.5%)を上回る結果に。なお、「アプリとWebは同じくらいの頻度で利用」と答えた人は21.9%だった。