写真提供:マイナビニュース

写真拡大

理化学研究所(理研)、先端医療振興財団、参天製薬の3者は10月6日、iPS細胞由来網膜細胞を用いて、網膜色素変性症や加齢黄斑変性などの視細胞変性疾患に対する新規治療薬候補を同定することを目的とした共同研究を開始したと発表した。

共同研究では、同財団が管理する先端医療センター研究棟に共同研究室を設置し、理研のiPS細胞の網膜細胞への分化・誘導に関する技術を活用することで、視細胞変性疾患の病態を反映した疾患モデルの構築およびその疾患モデルを用いた治療薬候補評価を行うとしている。

(周藤瞳美)