「他の臓器に任せて」入院中の父に宛てた娘からのお見舞いカードが微笑ましい

写真拡大

父親を励まそうと、娘が書いたカードに多くの人々がホッコリとさせられている。

それは、膵炎で入院している父親がredditに投稿したものだ。

10代の娘が父に贈ったお見舞いカードがこちら▼

Trogdor_a_Burninator/reddit

Trogdor_a_Burninator/reddit

膵臓を患った父へのカードにはこう綴られている。

なぜだかわからないけれど、膵臓はパパのことが憎いみたいね。

でもちょっと待ってて。他の臓器がどうやったらまたパパを愛せるか、膵臓に教えてくれるから。

大丈夫、膵臓もすぐに思い出すわよ。

タバサより、愛をこめて。

Trogdor_a_Burninator/redditより引用

手書きのイラストにある紫色のが、へそを曲げている膵臓だろう。

それを取り囲むようにして、肺や胃など、他の臓器が微笑みながら寄り添っている。

恐らく、パパの愛し方を優しく教示しているところに違いない。

これには、

素晴らしい娘さん。病気も吹き飛んでしまうでしょう。イラスト上手。こんなにうまく書けない。素敵心が温まりました。娘さんなりにパパを励ます方法を一所懸命考えたのでしょう。あなたにとって娘さんは医者以上ですね。おかげで病気も治っちゃう。娘って最高だ。

といった称賛のコメントが寄せられている。