シンプルでありながら、火の入り方のちょっとした違いで、まったく異なる舌触りが楽しめるゆで卵。意外に奥が深いんです!今回は、半熟卵と温泉卵のつくり方をご紹介。気温や水温に左右されることなく、だれでもできちゃいます。お弁当に、また、カレーやラーメンに添えれば、ごちそう感もアップ!

黄身が半熟とろ〜りのゆで卵をつくる方法

・お湯からゆでると黄身のかたさを自在にコントロールできる

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=25374


 まずは、黄身が半熟とろ〜りのゆで卵のつくりかたから。始めに、卵のヒビをチェックし、卵を常温に戻しておきます。次に沸騰したお湯に投入。卵のサイズにもよりますが、目安の時間はお湯から7分。ゆで上がったら、すぐ冷水に取りましょう!ポイントは、熱湯に卵を入れること。温度が一定ではない水道水と異なり、お湯を使う方が、ゆで時間が正確に計ることができるのです。

MEMO:鍋への投入時には、網じゃくしなどで、そっと鍋底に置き、煮立たせないようにするのがヒビ割れ防止のコツです

ゆで卵をつるりと簡単きれいにむくテクニック

・おしりに押しピンで穴をあけ、ゆでたらすぐ冷水で冷やす

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=25375


 卵のおしりにピンで穴をあける、という裏ワザを使います。穴をあけることで、中の薄皮と白身がくっつきにくく、するっときれいにむきやすく。ゆで上がったらすぐ冷水に取りましょう。また穴をあけておくと、ゆでている最中に割れる失敗も少なくなります。ただし、卵の鮮度がよすぎると失敗してしまうことも。買ったばかりの卵は避けましょう!

MEMO:ゆでたあとは、ためた水の中か、流水に当てながらむくと、よりいっそうきれいに、むきやすくなります

温泉卵を簡単につくる方法

・濡らしたペーパータオルで卵を包み沸騰したお湯に入れて火を止める

⇒【画像】はコチラ http://esse-online.jp/?attachment_id=25373


 鍋に卵がしっかりかぶる量の水を沸騰させ、水を濡らしたペーパータオルで包んだ卵を投入します。火を止めて30〜40分放置。65〜70℃で30分加熱という条件がうまく満たされていれば、できあがり!ペーパーを使うことで熱がマイルドに伝わり、トロリと仕上がります。

<監修/村田裕子さん(管理栄養士・料理研究家) イラスト/さのまきこ>